最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

三重県

2016年10月29日 (土)

松坂市飯高町、加杖坂峠から林道横平線_アマネ山_マスガタ山<その2>

9:16、林道を進みますと前方に杣道なのか獣道なのか、植林帯に続いている後が、
しかも手前にどう見てもヌタ場のような、獣道かもしれませんがここから植林帯に入って行きます。
林道は左右方向ともに続いています。
Dscn6622

しばらくは杣道兼獣道を進みますが(獣の足跡が一杯(´・ω・`))、
Dscn6623

その後、踏後もなくなり、GPSを見つつ、方角を確認しつつ進みます。
Dscn6624

適当に歩きやすそうな所を登っていきますと、
Dscn6626

Dscn6627

9:25、ピークのある尾根に到着、しばらく進みますと「登山道」のテープを発見、たぶん、山岳会(新宮山彦ぐるーぷ)が設置されたものではないかと、
Dscn6629

9:29マスガタ山頂上に到着、山名板が6枚も、
Dscn6630

Dscn6634

P955.5、三等三角点、加波1、
Dscn6637

戻りますが、「登山道」のテープに沿って進もうとしますが、
Dscn6638

いきなりテープが行方不明で、方角を確認しつつ適当に進みます、(ノ∀`)、結局、最初に見つけたものと併せて2枚だけ、
ひょっとして北側の破線道に向かって設置されていたのかもしれませんが、
Dscn6640

適当に歩いて往路の獣道に到着し、
Dscn6642

9:46、林道終点に到着、後は普通に横平線を歩いて加杖坂峠まで戻るつもりでしたが、
Dscn6643

下に林道(横平線と勘違いして)が見えまして、性懲りも無くショートカットをしてみますが、別の作業林道だったわけで、(ノ∀`)、林道を間違えるというチョンボ、(´・ω・`)、しかも林道に下りる直前が切り立っていて.............
Dscn6645

やっと林道に到着したものの横平線ではなく作業林道で、ここからまた下りる必要が発生、なかなかの斜度で(;´Д`)、余計なことをしたもんです、(´・ω・`)
Dscn6647

10:01、難儀しましてようやく横平線に到着、やっぱり上の林道からここまでも歩いている後が其処かしこに、
Dscn6649

しつこくショートカットを試みますが、ここは斜度も緩やかでそんなに難しくなく、
Dscn6653

10:08、横平線に下りる直前に斜面にしっかりとした踏後があります。
Dscn6655

10:28、横平線と旧道の分岐に到着、
Dscn6661

10:31、加杖坂峠に到着、山行終了です。
Dscn6664

以前某動画サイトで横平線の走行動画を見まして(たしかヤマハのトリッカーだったような)、まぁ、これなら走れるだろうなぁ、と最初は林道終点までバイクで乗り入れるつもりだったわけです。
しかしながらそれじゃつまらんなぁ、と地形図を見ていて林道をショートカットしつつ歩けば面白いかしら、と計画を変更、なかなか面白かったのですが、ちょっと危ない所もありました、(;´Д`)
もっと東側のフナクボ山まで歩いてから下山、車道を歩いて加杖坂峠まで戻ることもちらりと考えましたが、なんとなく現実的でないのでこれは中止、フナクボ山、青田裏山はまた別ルートで向かいたいと思います。
ただ、この山域は林道歩きがある程度(というかほとんどか)避けられないのがちょっとあれですね、

松坂市飯高町、加杖坂峠から林道横平線_アマネ山_マスガタ山<その1>

下記が山行ルートになります。
総距離:6.60km
合計時間:2時間22分26秒
平均速度:3.48km/時
Amane_masugata

2016/10/27、7:51、旧R166から栃谷川沿いの蓮ダムに向かう車道を進み、加杖坂トンネル西側から旧道にて加杖坂峠に向かいます。
加杖坂峠旧道の走行記録も取りましたが、なかなか面白かったです。
Dscn6576

しばらくは荒れた舗装路(コンクリ)ですが、峠手前はダートです。
Dscn6582

8:11、車道上の加杖坂峠に到着、昔の峠は車道で消失、準備しましてここから山行開始です。
Dscn6583

加杖坂トンネル東口にしばらく進んで林道横平線に入ります。
Dscn6587

Dscn6588

事前の確認でほぼフラットダートが判っていたので、本当はバイクで林道終点まで入ろうかと思ったのですが、それではあんまりなので歩きます、(・∀・)
Dscn6590

8:27、ショートカットすべく予め当たりを付けていた所、攀じ登っている後がはっきりと、林業関係者というより登山者のもののような、
実はこの前方に廃林道があって其処からの方が安全に入山できるようで、(´Д`)
Dscn6594

測量杭があって踏み後が残っているので上へ登っていきますが、
Dscn6596

地形図にない林道にでます。
Dscn6598

でもってまた斜面を登っていきますが、
Dscn6600

また、林道に、ちょっとウンザリ、(´・ω・`)
Dscn6603

斜面を登る→林道、をあと数回繰り返して横平線近くからは林道を歩き、横平線に出てからは林道歩きです。
横平線以外の林道が数多くあるため、迂闊に林道に入り込むと迷いかねないかも、
Dscn6606

8:45、適当な所から攀じ登るつもりでしたが、ピーク方向に向かう林道がありましたのでそれを利用、画像左側に広い空地、後方に横平線が続きます。
Dscn6607

8:50、林道終点に到着、右上方にアマネ山があります。
Dscn6609

ピーク目指して斜面を攀じ登って行きますと、
Dscn6610

8:52、アマネ山に到着、なかなかえらい所が頂上ですが山名板がないとわからないですわ。
意外にも山名板が7枚も、宝来の鈴さんのものもありました。
Dscn6611

Dscn6613

8:59、横平線に戻ってマスガタ山に向かいます。
Dscn6616

山と高原地図にはアマネ山の東側の横平線の辺りにキツネクボの記載がありますが、この辺りのようで、
Dscn6619

9:10、地形図に記載のある林道横平線の終点地点、どちらに行っても植林帯の中を攀じ登るような感じですが、野生の勘でここは右へ、(゚ε゚)
Dscn6620

その2に続きます。

松坂市飯高町草鹿野地区のソバ谷山

下記が山行ルートになります。
総距離:0.98km
合計時間:31分37秒
平均速度:2.45km/時
Sobataniyama

山と高原地図にも記載がありますが、あまりにマイナーすぎて目に入らないのでは、(´Д`)
三角点もありますし、登山道の記載があればもうちょっと訪れる登山者もあると思うのですが、ためしに「ソバ谷山 登山」でぐぐってみましても全くヒットがありません、(ノ∀`)
Dscn6735

2016/10/27、6:31、松坂市飯高町、この場所は太良木地区かもしれませんが、三重県道783号線から分岐する林道で草鹿野地区へ、林道横は草鹿野川、
Dscn6549

GPSを見つつバイクを走らせ、予め当たりを付けていた場所に来ますと林道の入口が、路肩に置いたバイクの後方20m程の所、
Dscn6553

6:57、林道入口から入山してみます。
Dscn6554

GPSを見つつ取り合えず林道を歩いて向かいます。
Dscn6555

前方の尾根ピークがソバ谷山のようで、あちこちに林道がありますが廃林道も多いようです。
Dscn6556

廃林道終点から斜面を攀じ登りますが、攀じ登り後がしっかりと、(´Д`)、
Dscn6557

斜面を攀じ登りますとまた廃林道、(´Д`)、前方が行き止まりのようなので後方にちょっと戻って上がります。
Dscn6558

前方のピークがソバ谷山のようです。
Dscn6559

7:10、ソバ谷山頂上に到着、山名板を取り付けてあったようで針金だけが残っており、周辺を探してみましたが山名板は行方不明、
Dscn6563

Dscn6566

P714.2、三等三角点、草鹿野、
Dscn6564

北側に杣道でもないかと進みますが、降りれないようなので戻りますと、
Dscn6568

斜面を攀じ登った所の廃林道に向かう小道がありましたのでこれを使って戻ります。
Dscn6569

後は往路を戻って取り付き地点に戻ります。
Dscn6571

7:28、林道に戻って山行終了です。
Dscn6573

加杖坂峠からのアマネ山、マスガタ山への山行の足慣らしがてら向かってみましたが、山と高原地図に記載があるためか、多少は探訪者がいるようです。
山名板が行方不明(たぶん)なのはちょっと残念(;´Д`)
しかし、ぐぐってみても山行記録のヒットが全くないのも珍しいような、( ゚д゚)