最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

旧道

2017年8月 7日 (月)

和歌山県道115号線、花園美里トンネル旧道を走行してみる、

下記が走行ルートになります。
総距離:6.38km
合計時間:34分36秒
平均速度:13.35km/時
20170803_06

2017/8/3、9:55、和歌山県道115号線、東側の旧道分岐地点から旧道を走行してみます、
Dscn2629

分岐地点後方には立派なトイレがありますが、
Dscn2626

何故かその隣にアスレチック(子供用ですね)が、何故にこのような場所に設置したのか、( ゚д゚)、年度末で予算が余ったから造ったとか、
Dscn2627

地蔵峠東側(かつらぎ町)はえらく整備が行き届いて路面は綺麗な状態、
Dscn2630

二車線の広い所も、
Dscn2634

10:09、地蔵峠に到着、ここから道の状態が変わります、
Dscn2637a

先に林道沼谷線、板屋沼谷線に向うため西側を走行したので状態は判っているのですが、他のトンネル旧道と同じ状態、適当に荒れています、まだましな方か、
Dscn2641

路面に堆積物が多いですし、法面も苔がびっしり、
Dscn2644

10:20、三角点、長谷宮への取付き地点、
Dscn2645

普通に倒木も、(・∀・)
Dscn2646

法面が崩れている所も、
Dscn2650

他のトンネル旧道とほぼ同様な状態です、
Dscn2652

10:31、花園美里トンネル西側に到着、地蔵峠を境にえらい違いです、( ゚д゚)
Dscn2653

峠を挟んで自治体が違うのですが、これほどまでに管理状態が違うのも自治体の意向が反映されているような、紀美野町は「旧道よりトンネルを通るべし」、かつらぎ町は「一応整備はしてまして通行できます」、山域の状態にもよるのでしょうが、東側の方が整備し易いのでしょうか、林道分岐地点がかつらぎ町ということもあるのかも、( ゚д゚)
そう言えば、旧道と林道との分岐にある東屋の場所はかつらぎ町です、もし紀美野町でしたら.................

2017年7月29日 (土)

奈良県道48号線、地蔵峠旧道を走行してみる、

下記が走行ルートになります。
総距離:2.68km
合計時間:16分13秒
平均速度:12.64km/時
20170727_02

2017/7/27、6:37、奈良県道48号線、地蔵トンネル北側から地蔵峠旧道を走行してみます、
Dscn2333

Dscn2334

旧道といっても鳥住地区の集落があるのできちんと管理維持されていて、黒滝村のコミュニティバスも走行しています、
Dscn2335

Dscn2336

家屋の中に保管されていましたが、とうとう処分されるのだろうか、これのクーペモデルが学生時代に欲しかったですね、FRのセリカがサファリラリーで活躍していた頃、
トヨタ=ラリー=オベ、アンダーソン、という図式が頭の中で成り立っている私、(´Д`)
Dscn2337

6:46、地蔵峠に到着、
Dscn2340

地蔵堂がありますが、「地元では日本三峠地蔵の一つといわれている」、というのがなかなかです、
Dscn2342

Dscn2344

地蔵の水、給水するのに適しているような、反対側にハイキングコースもありますので、
Dscn2346

Dscn2345

地蔵堂横からハイキングコースが、これを利用して堂髑山(P721.8、三等三角点、高塚1)まで行けるのですが、
Dscn2347

日当たりが悪いせいか、室内はちょいとぬるぬるしてます、(´・ω・`)
Dscn2350

地蔵峠からすぐの所、鳳凰寺、百貝岳方面との分岐地点、
Dscn2351

Dscn2352

6:55、地蔵トンネル南側に到着、
Dscn2354

昔の地蔵峠は現在の車道の地蔵峠より南側の尾根を削った所にあったのではないか、と勝手に思ってるのですが、どうでしょうか、
ここの旧道は鳥住地区の集落があるのできちんとした状態なので、あまり面白がって走行する道ではないのですが、峠好きとしましては立ち寄ってしまうのです、( ´∀`)、
日当たりがあまり良くないせいか地蔵峠の休憩所の椅子等ががぬるぬるしてるのがちょっと残念、(^-^;)、ラーツーするのに余り支障はないですけど、
せっかくなので鳳凰寺まで行けばよかったような、(;´Д`)、三角点、鳥住も、

2017年7月16日 (日)

川上村、R169_伯母谷道路旧道を走行してみる、+大迫ダム(・∀・)

下記が走行ルートになります。
総距離:3.93km
合計時間:23分32秒
平均速度:13.07km/時
20170713_04

2017/7/13、11:32、大嶽トンネル南側分岐地点から旧道を走行してみます、いきなりのこの場所はかつて交互通行区間の所、
Dscn2041

旧道とはいっても普通にセンターラインのある二車線の所もあるわけですが、
Dscn2043

いきなり法面が崩落しちゃってる所に遭遇することも、
Dscn2044

11:42、ループ橋の下に到着、割と有名な所でまっすぐの道路はトンネル建設に伴う仮設道路の名残(のはず)、
Dscn2049

Dscn2051

作業用モノレールの発着地点、上部で作業されているようです、まるで林道のような、( ゚д゚)
Dscn2053

河合峠旧道を走行してきてますので、見慣れた光景です、
Dscn2056

11:49、旧道というよりやっぱり林道です、(´Д`)
Dscn2058

道幅が二車線以上の所に崩れた法面の土砂を保管しているようです、
Dscn2059

未だに残っているヘキサ、この先もかつて交互通行区間であった所、看板が未だに残っていたのに撮影し損ねてます、(ノ∀`)
Dscn2060

11:55、民家が見えてきましたら、えらい状態は終了、
Dscn2061

11:57、伯母谷トンネル北側分岐地点に到着、R169と合流です、
Dscn2063

12:07、大迫ダムに立寄ってダムカードを入手します、(・∀・)、やっと二枚目、
Dscn2069

Dscn2066

Dscn2068

Dscn2080

Dscn2082

先達の記録はここのHPになります、
この道を始めて通行したのは1994年5月、天川川合から和佐又ヒュッテまで縦走して、和佐又口バス停から大和上市駅までバスで戻るのが始めてでした、(たしか当時は杉の湯で乗り換えだったはず)
23年も前の事なので正直記憶が定かではないのですが、下市口駅から天川川合までのR309の山岳路の印象が凄かったので(新川合トンネルも未開通で、凄い所をバスが通っているのね、の印象が強く)、こちらのインパクトはイマイチだったような気がします、
たぶん疲れ果てていたので道が狭いなぁ、ぐらいで、結構バスの中で寝てたような、
その時は交互通行区間でえらく待ったようなことぐらいしか覚えていないです、
その年の9月に大台ケ原、大杉谷に向うべく再度バスに乗りましたが、やっぱり狭路の印象でやはり交互通行区間の記憶のみ、(´Д`)
しかし、4年前にバイクで走行してえらい道だったのねぇ、と妙に感心しまして、以来たま~に通行するようになりましたです、(・∀・)
別に通行する必要はないのですが、なんとなく上のループ橋は好きになれないので、(´Д`)
しかし、未だに南側の伯母峰峠旧道は走行したことがないのが、(-_-;)

上北山村、R169_河合峠旧道を走行してみる、(´-ω-`)

下記が走行ルートになります。
総距離:2.38km
合計時間:16分55秒
平均速度:10.27km/時
20170713_03

2017/7/13、10:58、R169小谷トンネル南側分岐横から河合峠を越える旧道を走行してみます、画像右側には上北山中学校があります、
Dscn2023

旧道に入ってすぐはそんなに酷くもなく、前方に駐車車両があるぐらいなので、
Dscn2024

そうは言っても落石が目立って本領発揮となっていきます、(・∀・)
Dscn2026

なんというか、紀伊山地のど真ん中のえらい所にある林道といった雰囲気、
Dscn2027

11:06、ところが突然法面、路面がよくなり加えて眺望が○、下にR169が見えます、
Dscn2028

この程度の倒木ならば踏み越えて行けますが、
Dscn2029

路面状況が場所によってかなり違っていて、何が埋まっているかわからんのでラジアルタイヤではちょっとどうだろうか、といった所が多いです、
Dscn2030

11:11、河合峠に到着、携帯電話の電波塔がある所、これがあるため旧道は立入禁止でないのかも、
Dscn2032

旧道とはいえ、アスファルト道路の上に猪の捕獲用の箱罠があるのは、なんかすごく違和感を感じますが、
Dscn2036

あと少しでR169に出るのですが、この状態、(´Д`)
Dscn2037

11:18、R169現在道との分岐に到着、えらい状態の道となってます、( ゚д゚)
Dscn2039

先達の記録はここのHPになります、
先達の記録と比較しても明らかに酷くなっていってるようで、まぁ当然のことです、
なんと申しましょうか、R168の天辻峠旧道の天辻トンネル南側と北側を足して2で割るとこのような道になるといった感じでしょうか、
旧道オタにとっては面白い道ですが、それ以外の人にとっては通行するに何の意味もない道です、(´Д`)

2016年10月30日 (日)

旧R166、高見峠旧道を走行してみる、

下記が走行ルートになります。
総距離:11.77km
合計時間:52分59秒
平均速度:21.39km/時
Old_takamitouge

2016/10/27、11:07、松坂市飯高町木梶地区から旧R166を走行してみます。
Dscn6681

しばらくは現行道と平行していきますが、次第に離れて山岳路に、
Dscn6682

しばらく走ると旧道によくある倒木、( ゚д゚)、山岳路の旧道にありがちな光景、
えーっと、通行は出来るのですが、通行車両はあまり無いにしてもほったらかしなのがちょっとどうかなと、(゚ε゚)、右の法面上からも別の木がぶっ倒れそうなのですが、(´Д`)
Dscn6684

11:18、高見トンネル東側からの分岐地点、高見峠登山口に行く場合、三重県側からはここから旧道に入ることになります。
Dscn6685

ガードレールがひしゃげていますが、一体どういう走り方をしていたのか、
Dscn6687

11:25、木梶三滝登山道の登山口、詳細な案内板の横に「熊出没注意」の看板、
Dscn6688

Dscn6689

途中の眺望の良き所から高見山と大ガレ、
Dscn6691

上は紅葉が進んでおります。
Dscn6694

11:40、和歌山街道との分岐地点、車道が出来る前、旅人はこちらから下っていったわけです。
Dscn6696

Dscn6698

11:42、車道の高見峠、昔の高見峠は鳥居先の階段を登った所、ほんとはここのベンチにてラーツーするつもりでしたが、強風のため今回は断念、
東吉野村側の旧道入口横の外気温計が12℃でしたので、高見峠で体感温度は強風を考えても6~7℃くらいではないかと、駐車場には車が3台、上は強風吹き荒んでかな~り寒かったのではないかと、
Dscn6700

旧道が長期通行止めの原因であった大きな崩落地点、通行解除から半年経ちますと全体が落ち着いてきてます。
Dscn6702

杉谷隧道、意外にもトンネルはここだけ、
Dscn6704

北側の法面は苔がびっしりです。
Dscn6706

12:01、東吉野村の旧道入口に到着、東吉野村側は関係者が車道周りの除草作業をされていました。
Dscn6708

先達の記録(車道建設の歴史等)はこちらになります。
珍しく通しで走行してみましたが、相変わらず路面状況は.............(´・ω・`)
三重県側から走行した方が高見山が正面に来るので今回眺めは(・∀・)でした。
三重県側を走行していた際当方と似たような方(たぶんホンダのグロム)とすれ違いまして、多少恥かしかったりして、(;´Д`)

松坂市飯高町、加杖坂峠旧道を走行してみる、

下記が走行ルートになります。
総距離:1.58km
合計時間:14分36秒
平均速度:8.61km/時
Old_kazyouzaka

2016/10/27、10:43、加杖坂トンネル東側から旧道を走行してみます。
Dscn6667

スタート直後は舗装路(荒れたコンクリ)ですが、すぐにダート(フラットダート)に、
Dscn6669

進めば進む程ちょっと荒れぎみになっていきます。
Dscn6671

10:51、加杖坂峠に到着、
Dscn6673

峠西側はダート部分が少なく、舗装路が多いものの荒れたコンクリ部分が殆どです。
Dscn6674

Dscn6677

10:59、加杖坂トンネル西側に到着、
Dscn6678

古くからあるお地蔵様のようで、もともとは峠にあったのをトンネル開通(昭和55年)に併せて移設されたようです。
つまり、もともとは本来の峠にあったのが、車道の峠に移設されて(祠後のような所がありました)、トンネル横にまた移設、ちょっと珍しいような、
近隣地区にお住まいの方がきちんと管理されているようです。
Dscn6578

Dscn6580

アマネ山、マスガタ山への山行ついでといってはなんですが、旧道を走行してみました。
こういう峠道は好きですねぇ、雰囲気があって、(・∀・)
車道になる前はもっと狭くて登山道のような道で、それでも多くの旅人が通行したと思われますが、先人の皆さんは、後世、私のような物好き(が面白がって)がやってくるとは思わなかったと考えたりします、(´Д`)

2016年10月17日 (月)

旧R168、天辻峠旧道を走行してみる、(´Д`)

下記が走行ルートになります。
総距離:4.48km
合計時間:38分56秒
平均速度:8.46km/時
Tentsuziduidou

2016/10/13、12:14、R168の道の駅、吉野路大塔から北側に500m程の所にある旧道入口、ここから天辻峠旧道(現在は林道永谷・天辻線)を走行してみます。
これで何回目だろうか、ちなみに前方に外気温計があり、13℃を指しておりました。
Dscn6364

旧道に入ってしばらく進むと民家があり(左下にも有り)、以前の通行の際、家の前に住人らしき方がおられたので会釈して挨拶したこともあるのですが、今回はお家の中のようで、
たぶん、また、物好きが来よったわ~、ぐらいしか思われてないと思いますが、(´Д`)
この辺りまで車道はごく普通なのですが、
Dscn6365

どんどん怪しくなっていきまして、天辻隧道南側は舗装路ですが安心はできません。
当たり前のように倒木が普通にあり、これは電信柱でした、(ノ∀`)
Dscn6368

12:23、天辻隧道(大正11年完成)南側に到着、舗装路のおかげで南側はなんとなく普通の雰囲気、古くからある旧道の独特の雰囲気があるのですが、
Dscn6370

北側は南側とは違って不気味な雰囲気、昼間なのになにか出てきそうな感じで、気持ち悪いです。
この場所に面白がってやってくる私も私ですけど、orz
Dscn6371

北側は終点近くまでダートで、ちょいと間違えると派手な倒木、土砂が道を塞ぎかねない所ばかりです。
Dscn6376

ここではないですが前回も倒木に難儀したのですが、今回もごっつい倒木が、あ~ぁ、orz
諦めかけたのですが、右の端っこを先人の通行者が砕いてくれていたおかげでなんとか通行が可能です。
Dscn6379

Dscn6380

ここも酷いのですが、
Dscn6381

法面を見ますと旧国道の痕跡が多少は残っているのですが、
Dscn6382

ちょっとした豪雨で普通に車道が塞がれるような、
Dscn6383

Dscn6384

終点近くになってやっと舗装路に出ますが、
Dscn6385

油断は禁物で気が抜けません。
Dscn6386

12:53、やっとのことで終点に到着、反対側に旧道がありますが、ほぼ廃道です。
Dscn6389

先達の記録はこちらになりますが、相変わらずの状態でした、(;´Д`)
昔、この道をバス(6人乗りのバスとのこと)が通行していたということで、今の状態から考えてイメージできないのですが、う~ん、乗ってみたかったような、(´Д`)
この道は二輪ですとブロックタイヤを履いたオフ車でないと厳しいですし、道幅が狭いため四輪ですとやはり足回りがこういう道を平然と走れるように造られているジムニーでないと厳しいような、
二輪の場合、多少気合を入れて走らないと転倒するんじゃないかと思います。

2016年8月29日 (月)

旧R370入野峠旧道を探訪してみる

下記が探訪ルートになります。
総距離:2.85km(途中で三角点探訪を行ってます)
合計時間:49分20秒
平均速度:4.57km/時
Shiotouge02

2016/8/25、12:40、入野トンネル北側のR370現道と旧道との分岐地点、ここから旧道に入ります。
トンネル南側は資材置き場となっており、廃道状態のため、
Dscn5399

入ってすぐに上宮神社、綺麗に管理されています。
Dscn5401

13:04、先に三角点探訪を行い、ここから旧道未舗装路に入っていきます。
右方向は県道256号線方面の車道(舗装路)で、こちら方面しか車両は進めません。
バイクで進むとえらいことになりそうなので歩きます。
Dscn5417

車道上の入野峠、切押しのようでここから↑↓が変わります。
Dscn5418

トンネルが出来る前(40年程)はここをバスやトラックが通行していたらしいです。
Dscn5420

Dscn5422

Dscn5423

進んでいきますとかな~り怪しくなっていきます。
Dscn5424

13:12、地形図上、これ以上は道の記載のない所、ここからは廃道状態です。
歩いている後はありますが、この季節はダニやにょにょろ等で怖くて入れません。
私の腕では行って戻るのに125ccのオフ車でも厳しいです、(´Д`)
Dscn5425

13:24、舗装場所まで戻って仕方がないので県道256号線方面(左方向)に進みます。
こちらも狭路で途中に廃屋(たぶん)があります。
Dscn5429

13:30、県道256号線分岐地点に到着、探訪終了です。
県道256号線にてR169まで戻ろうかと思いましたが、くねくねした車道につき、コサグラ、紅梅矢塚への山行でへばっていたので、このまま画像後方方面に進んでR370に戻ります。
Dscn5431

先達の記録を見てますと、R370は旧道というより廃道が多いような、半端じゃないです。(ノ∀`)
トンネル南側の接続場所の撮影をし損ねたのは如何なものかと、
トンネル南側はあっちこっち目視する限り資材置き場しかなく道なんぞはありません。
道のほとんどが自然に還っているようです。

2016年7月29日 (金)

黒滝村、R309旧旧道を走行してみた、(´Д`)

旧r21の虻峠から松葉山、P1091、みたらい遊歩道、虻峠(三角点)への山行前にR309旧旧道を走行してみました、今更ですが、(´Д`)

下記が走行ルートになります。
総距離:2.47km
合計時間:22分31秒
平均速度:9.29km/時(撮影しつつ、ゆっくりです)
R309old

旧R309笠木トンネル北側前の車道崩落現場は復旧されています。
2016/4/1から通行可になっていたはずで、やって来たかったのですがなかなか来れずにいたものです。
Dscn4712

当時の崩落現場状況、2014/5/16に撮影、天川村へツーリングに行っての帰路、久々に旧R309を走ってみっか、とやって来て出くわしたもの、
画像右側は徒歩であれば問題なく、バイクはなんとか通れたようでしたが、
20140516_dscn3354

2016/7/28、5:45、笠木トンネル北側、旧道と旧旧道との分岐地点、ここから出発です。
Dscn4714

相変わらずの所もあれば、法面が復旧された所も、
Dscn4715

復旧された法面の上に古道があります、
Dscn4716

5:55、笠木峠に到着、大正時代の車道の建設で峠の古道部分が寸断されています。
左方向は栃ヶ山方面、右方向は弘法トレイル方面、左方面はまだ歩いたことがないのでいずれ歩きたいのですが、
Dscn4719

黒滝村の設置看板、昔は説得力がないなぁ、と思っていたのですが、
(廃道だから車はおろか、歩けないじゃないの、と)、
Dscn4720

6:00、昔はこのヘアピンカーブまではなんとか来れたのですが、これ以降が悲惨な状況で、
Dscn4721

復旧されてますので、私の腕でCRFでなんとか通れましたので、オフ車であれば通行は可能です。(CRF250Lはオフ車の格好をしたオンロードバイクなのできついガレ場はちょっと........要するに腕次第です、(;´Д`))
Dscn4723

錆付いたガードレールがなんとも................50年も経てばこうなりますな、
Dscn4724

あとちょっとですが、ここがなんとも...........
Dscn4725

6:10、なんとか川合トンネル手前の分岐地点に到着、場所的に一部ちょっと、(;´Д`)
上手い乗り手であればどうということはないのですが、
Dscn4726

R309旧旧道に関してはこちらのサイトに詳細が載せられています。
復旧していたのがわかったのは、2015/5/30にこちら方面にツーリングでやった来た際のことで、新笠木トンネルを抜けて、ちょっと旧R309へ行ってみるかと川合トンネル手前まで来た際に、あれれ、復旧されとるわ、と発見したものです。
その時は、取りあえず歩けるのなら山行に使えるなぁ、と歩いてみたので、バイクで走ることはあまり頭になかったです。
笠木トンネル北側の車道崩落の影響で、笠木峠横の林業作業場所への資材の運搬等に支障が出るため、南側の廃道状態を使えるようにしたものだと思うのですが、
旧道オタの人にとっては(・∀・)な状態と思います。

2016年5月12日 (木)

村道杉谷高見山線(旧R166)復旧について

東吉野村のHPに村道杉谷高見山線(旧R166)の復旧工事終了につき通行止め解除のお知らせが出ていました。
(通行規制or更新情報)
三重県側は2013年10月1日で通行止めが解除されていたので、直後走行してみたのですが、奈良県側は4年近く通行不可だったわけです。
結局どんな状況だったのか、山行(高見峠→高見山→小峠→三角点、杉谷→小峠→伊勢南街道から高見峠)ついでに走行してみました。
R166

2016/5/12、6:21、R166との分岐地点です。
今日はなかなか寒くて、後方にある車道横の外気温計では7℃を表示してました。
Dscn3476

左側は現在のR166への降りて行く車道で、直進します。
3年前に訪れた時はがっちりとしたバリケードが設置されていました。
Dscn3480

20131012_dscn1994

6:33、杉谷隧道、意外にもトンネルはここだけです。
Dscn3483

杉谷隧道先の崩落現場、ここはそんなに酷い状況ではなかったようで、三重県側の崩落現場の規模に近いような、
Dscn3484

6:42、小峠への分岐地点、後方林道を進めば小峠に着きます。
ちなみに撮影地点左側に伊勢南街道の取り付き地点があります。
Dscn3485

高見峠手前の崩落現場、凄い規模の崩落だったようで、これでは復旧に4年近くかかっても仕方ないようです。
上方に伊勢南街道がありますが、登山道部分も崩落してまして、上から見てもなかなかのものでした。
(ここの撮影は山行終了後帰路途中にしてます。早朝は逆光、ガス等で私の腕ではうまく撮影できません)
Dscn3644

Dscn3647

6:52、高見峠(大峠)に到着、これから高見山へ山行です。
Dscn3492

3年前の高見峠にあった奈良県側へのバリケード
杉谷側と比べていささか甘いです。
20131012_dscn1980

高見峠手前の崩落がこれだけ酷いとは思いませんで、復旧に4年近くかかっても仕方ないですね、
もし、高見峠に登山口がなければ復旧しなかったんじゃなかろうか、と妄想してみます。
たぶん、凄い金額の費用がかかったはず...........(´・ω・`)