最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

三角点探訪

2017年8月14日 (月)

高取町、下土佐地区の上土佐、三角点探訪(106)

下記が探訪ルートになります。
総距離:0.67km
合計時間:14分14秒
平均速度:3.59km/時
20170810_04

2017/8/10、10:44、壺阪山霊園北側の小山に三角点、上土佐が有りますが、霊園の駐車場には駐輪出来ないのでこの場所から向かいます、
Dscn2817

霊園の中をちょいと通らせてもらい入山、
Dscn2818a

尾根に向っている跡があり進んでみます、
Dscn2819

Dscn2820

しばらく進むと地籍調査杭のある杣道に、
Dscn2821

10:51、三角点、上土佐の場所に到着、左側に鉄塔があります、
Dscn2823

P151.6、三等三角点、上土佐、
Dscn2825

上田倖弘、宝来の鈴、両氏の三角点名板、
Dscn2831

サークルK氏の名板も、
Dscn2827

後は往路をそのまま戻ります、
Dscn2832

10:58、バイクの駐輪位置に戻って探訪終了、
Dscn2834

三角点の設置場所は下土佐地区ですが、三角点名は上土佐、上土佐地区って結構離れていてすぐ南側の清水谷の名称を使うのでしたら判るのですが、何と言っても三角点の埋標年が明治36年ですから当時は上土佐地区と呼ばれていたのかもしれんですね、

2017年8月13日 (日)

明日香村、岡地区の小原、三角点探訪(105)

下記が三角点探訪、ちょっとそこまでです。
総距離:0.12km
合計時間:3分56秒
平均速度:3.15km/時
20170810_03

2017/8/10、10:18、明日香村岡地区にある三角点、小原に向います、
Dscn2807

岡地区児童公園内に設置されているようで、
Dscn2814

幸いなことに誰もいません、(・∀・)、別に不法行為をするわけではないのですが、
Dscn2808

三角点標柱がちらりと見えまして、
Dscn2808a

10:21、P121.9、二等三角点、小原、取り替えられているようですね、場所柄仕方がないのかも、
Dscn2809

さすがに二等三角点ということで上田倖弘氏が来られています、
Dscn2812

10:23、バイクの駐輪位置に戻ってちょっとそこまで終了です、
Dscn2813

明日香村という所はとにかく史跡だらけで、特にこの近所には石舞台古墳がありますので休日は観光客+考古学マニアだらけで、とてもじゃないですがそんな日に来る気は起きません、(´Д`)
しかし、公園に誰も居なくてよかったですわ、また親子連れに変な目で見られるかと思いましたです、(;´Д`)

明日香村、細川地区の下畑、三角点探訪(104)

下記が三角点探訪ルートになります。
総距離:3.07km
合計時間:26分36秒
平均速度:10.18km/時
20170810_02

2017/8/10、9:20、県道155号線から冬野地区に向う林道を走行して三角点、下畑に向います、
Dscn2784

走行する上で全然問題ない林道のようで、奥の集落からの車両も頻繁に通行してます、
Dscn2786

Dscn2788

9:30、畑地区方面との分岐地点、直進します、
Dscn2790

9:33、この辺りかなぁ、とバイクを駐輪、
Dscn2791

攀じ登って行くしかないか、と諦めて入山、実はもう少し先から簡単に入れる所がありまして、
Dscn2793

ブッシュを掻き分け、上り詰めると、
Dscn2794

何故か石碑が、( ゚д゚)
Dscn2796

古道跡なのか、元作業道なのか、よくわからんのですが、一旦下に降りて左方向に登り返します、
Dscn2795

再度ブッシュを掻き分け進みますと、
Dscn2797

9:41、三角点、下畑の地点に到着、
Dscn2800

P538.4、四等三角点、下畑、
Dscn2801

戻りますが、作業道跡がそのまま車道に続いていますので進みます。
Dscn2804

こちらからだと簡単に行けたのですが、(´・ω・`)、こんなもんです、
Dscn2805

9:46、バイクの駐輪位置に戻って探訪終了です、
Dscn2806

北側の御破裂山に向わず、あえて南側の林道ツーリング兼三角点探訪するのがまさに変わり者の真骨頂のようで、(´・ω・`)、そのまま冬野地区まで行って竜在峠からの登山道の取付き地点の確認をすればよかったような、( ゚д゚)

2017年8月 7日 (月)

橋本市市脇地区の橋本、三角点探訪(103)

下記が探訪ルートになります。
総距離:0.28km
合計時間:6分32秒
平均速度:3.91km/時
20170803_07

2017/8/3、12:15、京奈和自動車道。橋本IC南側柿畑の入口から三角点、橋本に向います、
Dscn2658

正面の鉄塔の向こうにあるようです、
Dscn2659

地形図では実線道が入り組んでいますが、ほとんどが作業道のようで、
Dscn2665

12:20、三角点、橋本のある地点に到着、この辺一体のピーク地点のようです、
Dscn2661

P145.8、三等三角点、橋本、雑草がまるで一心同体のように三角点にへばり付いています、
Dscn2664

12:23、バイクの駐輪位置に戻って探訪終了です、
Dscn2666

さすがに私有地の中ということもあり、名板の類はありません、(´Д`)、そりゃそうだ、
設置年(明治36年)から100年以上も経つと保護石も行方不明で、まだ雑な扱われ方をされていないだけましかも、( ゚д゚)

2017年8月 6日 (日)

有田川町、横手地区の上横谷、三角点探訪(102)、未発見(´Д`)

下記が探訪ルートになります。
総距離:0.7km
合計時間:5分50秒
平均速度:16.47km/時
20170803_08

2017/8/3、9:20、和歌山県道115号線から三角点、上横谷に向ってみます、
Dscn2611

Dscn2612

9:26、GPSを見ますとちょうど三角点の横ぐらいに、
Dscn2613

どうせ車道横のコンクリに埋め込まれているのかと探しますが見つかりません、まさか隣の雑草だらけの空地とか、(´Д`)
Dscn2614

ここだけは点の記を見ずに向ったのですが、帰宅後点の記を見ますと案の定隣の空地にあるようで、とてもじゃないですが探す気は起きませんでした、冬場でしたら多少は頑張るのですが、(;´Д`)

有田川町、林道板屋沼谷線から岩坂、沼谷、三角点探訪(101)

三角点、岩坂、沼谷の位置になります。
20170803_04

20170803_05

2017/8/3、7:20、岩坂観音横の広場にバイクを置いて三角点、岩坂に向います、ここもラーツーするのに適した場所であるような、(・∀・)
Dscn2545

周りを見回すと東屋横に標柱がちらりと、
Dscn2549

P780.4、四等三角点、岩坂、
Dscn2546

8:50、三角点、沼谷に向う取付き地点に到着、斜面を登っている跡が、
Dscn2597_2

攀じ登って道沿いにそのまま進みますと、
Dscn2598

三角点、沼谷の場所に到着、杣道はそのまま上へと続いているようです、
Dscn2601

P473.8、四等三角点、沼谷、
Dscn2600

8:54、駐輪位置に戻って探訪終了、ずるっと滑って落ちかけました、気を抜いてはいかんです、(´Д`)
Dscn2602

事前に点の記を見ておりましたのでそんなに苦労せずにすみましたが、こういうマイナーな三角点にも探訪者があるようで、その周りだけ変に雑草がないのが(´∀`*)、

2017年8月 5日 (土)

紀美野町、花園美里トンネル旧道から長谷宮、三角点探訪(100)

下記が三角点探訪ルートになります、
総距離:1.39km
合計時間:22分26秒
平均速度:4.02km/時
20170803_01

2017/8/3、5:57、和歌山県道115号線、花園美里トンネル西側から旧道に入ります、
Dscn2506

6:16、旧道の三角点、長谷宮へ向かう杣道取付き地点、赤の地籍調査の標注があります、
Dscn2507

尾根の杣道がはっきり、歩きやすいです、
Dscn2509

Dscn2512

6:27、三角点、長谷宮の場所に到着、
Dscn2514

P612.3、三等三角点、長谷宮、周りは間伐されているせいか名板の類いはありません、たぶん撤去されたのかも、
Dscn2516

往路をそのまま戻ります、
Dscn2518

6:39、出発地点に戻って探訪終了です、
Dscn2521

林道沼谷線、板屋沼谷線に向う前にまずは三角点、長谷宮へ向かってみたのですが、杣道が平和であっさり到着しまして多少拍子抜けです、先週が多少厄介だったから余計にそう感じたのかも、
二週続けて(´・ω・`; )でしたので本日は楽志向であちこち廻りたいと思います、

2017年7月30日 (日)

黒滝村寺戸地区の寺戸、三角点探訪(99)

奈良県道48号線、通行止め解除となった小南峠隧道に向う前、三角点、寺戸に立寄ってみます、
20170727_04

2017/7/27、9:23、黒滝村寺戸地区にある黒滝村診療所、この敷地内に三角点があるので探してみます、
Dscn2425

やはりなんとなく面妖な所に、ぼろぼろになった三角点標柱は建物横に片付けられておりました、
Dscn2422

P408.2、四等三角点、寺戸、
Dscn2424

三角点の撮影をしておりますと診療所から看護師らしき方が不思議そうにこちらを見てまして、これこれこういう理由で撮影してるんですぅ、といつもの説明、変な懸念を持たれないようにするのがメンドクサイです、
しかし、草むしりして地面の妙な構築物を撮影するのが不審者でなくてなんであろうか、とも思いますけど、(´・ω・`)

黒滝村堂原地区の堂原、三角点探訪(98)

下記が三角点探訪ルートになります。
総距離:3.23km
合計時間:1時間37分22秒
平均速度:2.63km/時
20170727_03

2017/7/27、7:12、県道138号線から黒滝吊橋に向かい、川向こうに渡って三角点、堂原へ三角点探訪です、別の取付き地点も考えていましたがとりあえずこの場所から向かってみます、
Dscn2356

バイクを止めた所横に案内板が、P694地点が御吉野防空監視哨跡、山頂まで1.5km程、行きたいのはやまやまですが、三角点に向ってから考えることに、
Dscn2358

階段を登った所に吊橋の案内板、吊床版式では日本最長級とは、
Dscn2361

谷瀬の吊橋よりは板が厚いようで安心感はありますが、やはり揺れます、
Dscn2362

眺めは良いですね、(・∀・)、下に見えるは黒滝・森物語村、
Dscn2364

7:24、上を見上げると展望台のような所が見え、たぶんあそこから尾根に行けるかとあちこちを探ってみますが、
Dscn2367

下に降りるとバリケードが有り、ひょっとしてここから上に向かえるかと進みますと、
Dscn2368

←尾根道、の表示板、(・∀・)
Dscn2369

7:32、上へと階段、遊歩道を進みますと尾根道に、これで三角点に向えるのはほぼ確定だわ、といつも思ってしまい、いつも何かしら痛い目に遭ってます、(´Д`)
Dscn2373

尾根道には地籍調査の標柱がいくつも続いていきます、
Dscn2376

7:36、作業道との辻、右方向は黒滝・森物語村の南側の集落へ向っているようで、
Dscn2377

作業道との辻を過ぎると結構な↑が続きます、踏跡厚く杣道のようです、既に汗びっしょり、(--;)
Dscn2378

途中、消失している所を右方向に、方角違いにつき左へと適当に歩きやすい所を選んで進みますと尾根の杣道へ、
Dscn2381

7:49、急登を登りきった所、しばらくは平坦な尾根道歩き、
Dscn2382

次の分岐地点らしき所、左方向がはっきりしていたのですが、前方に倒木、右前方に踏跡が続いていたのでそちらに向います、
Dscn2384

ちょいと判り難い所も、
Dscn2386

なんでこんな所に標柱が、と思いましたらNHKのケーブル埋設の表示杭でした、地中に埋められていた塩ビ管があちこちで見えてますが、所々痛んで中のケーブルが見えてます、
Dscn2387

8:02、三角点、堂原のある地点に到着、
Dscn2391

P660.0、三等三角点、堂原、
Dscn2395

ここでもやはり宝来の鈴さんの三角点名板、1/29の探訪ですから雪中行軍、冬の方が登りやすいのですかね、
Dscn2398

往路で杣道が消失してちょいと考えた所、往路ではここを向って左に進みましたが、直進した方が判り易いようです、
Dscn2403

8:53、そのままバイクの駐輪位置まで戻って探訪終了です、御吉野防空監視哨跡へ向う元気は残っておりませんでした、汗びっしょり、(´・ω・`)
Dscn2416

取付き地点としては道の駅吉野路黒滝に近い所のP362地点近く、車道すぐ横の尾根取付きにリボンが巻かれていたので、三角点方向に杣道があったかもしれません、
吉野路黒滝に立寄った際、いつもこの三角点へはいつかは訪れてみたいと思っておりましたので、(・∀・)、実に安上がりな楽しみ方、
ひょっとして三角点先のP698を経由して扇形山へのルートがあるかもしれませんが、歩くとしたら夏以外でないと暑さが辛いでしょうね、
御吉野防空監視哨跡へはまたの機会に向うことに、(・∀・)

2017年7月29日 (土)

下市町小路地区の天倉、三角点探訪(97)

下記が三角点探訪ルートになります。
総距離:4.07km
合計時間:54分24秒
20170727_01

2017/7/27、5:19.奈良県道48号線から林道を使って三角点探訪です、昨年東側の桜峠に向う際に利用した林道です、
Dscn2301

Dscn2303

林道途中に猪の箱罠がありますが、これがある理由が後でわかります、
Dscn2330

途中から未舗装路に、
Dscn2305_2

5:33、林道分岐地点に到着、右方向の三角点、桜峠は林道をバイクで進めますが、左方向は車の通行は不可、との看板があり安全策で歩くことに、
Dscn2306

5:36、しばらく進むとゲートが、チェーンかな、と思っていたのですが、下りで狭路なのでバイクで進んでいたらちょいと厄介だったような、
Dscn2307

作業林道の分岐地点があちこちに、
Dscn2309

5:50、右側に電力線鉄塔のある所、関電道のような、杣道のような小道に入ります、
Dscn2312

Dscn2313

しばらく進むと左側上方に反射板が見えまして、三角点はその辺りのようで、
Dscn2314

ネットに沿って薄い踏後が続いていたので進んでみます、
Dscn2316

反射板のすぐ横まで来ると、猪の唸り声が、こちらも大きな音等をたてて知らせますが、( ゚д゚)
Dscn2317

5:56、三角点、天倉のあるピークに到着、
Dscn2319

P423.8、三等三角点、天倉、
Dscn2324

宝来の鈴さんの三角点名板がありましたが、いつものピンクの板ではないです、相変わらず猪の唸り声が聞こえますので、さっさと撤収、
Dscn2322

6:01、林道に戻ってバイクまで戻ります、さすがにここまで来ると唸り声は聞こえません、
Dscn2326

大阪人の当方からすると、多少切るのはかまわないのか、と突っ込みを入れたくなりますが、(´Д`)
Dscn2328

6:13、バイクの位置まで戻って探訪終了、林道を走行して県道まで戻ります、
Dscn2329

ガーミンのCurrentファイルからの該当の軌跡の取り出し、読み出しにドタバタしまして、なんとか該当部分の表示ができてほっとしてますが、最悪手書きするしかないか、と思ってましたです、たまにやらかしてしまうのです、(-_-;)、
三角点の近くに猪の寝屋があったようでこちらに突っ込んできたらヤバかったですね、
彼らもこんな時間に人間が近くに来るとは思わなかったようで、気を付けないといかんですね、(^-^;)

より以前の記事一覧