最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年5月25日 (木)

浜寺公園のばら庭園、(・∀・)

遅ればせながら浜寺公園のばら庭園に行ってきました、
天気がちょいと残念な模様でしたが、

2017/5/24、13:39、いつでもどこでもGPSロガーの軌跡を取ってしまう私、(;´Д`)
20170524_01

Dscn0732

Dscn0735

いつものように正門から入場、
Dscn0736

Dscn0739

Dscn0741

Dscn0755

Dscn0758

Dscn0760

Dscn0775

Dscn0780

Dscn0783

当方の自宅から一番近いバラ園は浜寺公園(HPはこちら)になりますので毎年行っておるのですが、一番咲きから10日ぐらい過ぎてしまっておりましてちょっと残念、(´・ω・`)、
実は仕事のついでに既に別の公園のバラ園を訪れているので、まぁ浜寺公園の方は仕方がないです、
ピーク時を過ぎたとは言え来園者が多数、いつもの誰もいないえらい所を歩くのと違って勝手が違うので逆に落ち着かないような、( ゚д゚)
コンデジにつき接写はしておりません、というか接写した所で.................

2017年4月29日 (土)

浅香山つつじまつり、(・∀・)

毎年の事なのですが、浅香山つつじまつり(HPはこちら)に行ってみました、
本日4/29時点では八分咲きといった感じで、それでも本日から開催ということで大勢の見学者が見えられてました、(・∀・)
期間:平成29年4月29日(土・祝)~5月7日(日)、

総距離:1.27km
合計時間:25分42秒
平均速度:3.33km/時
Asakayama_tsutsuji

Dscn0211

Dscn0212

Dscn0237

Dscn0214

Dscn0218

Dscn0233

Dscn0228

Dscn0220

自宅からそんなに遠くないもので毎年赴いているのですが、大体四月の終わりでほぼ満開のはずなのが今年はちょいと遅めですね、桜と同様に、
ここのは花というより木々といった感じで迫力があります、
浄水場の改築工事以前の方がよかったのはいうまでもないのですが、GW後半、時間が取れたらまたちょいと向かいたいと思っております、
これが終わったら次は浜寺公園のバラ園です、(・∀・)

2016年6月22日 (水)

R168西吉野町西野地内、復旧工事について、第6報

R168西吉野町西野地内、土砂崩れによる通行止めに関して、6/20、奈良県道路管理課のHPに第6報が載せられておりました。(報道記事はこちら

天候不良等の不測の事態が発生しない限り、6/22、午後3時に片側交互通行による交通開放を行うとのことです。

復旧まで長かったような短かったような................( ゚д゚)
でも片側通行ですから完全復旧にはあとどれくらいなのだろうか?

2016年6月19日 (日)

R168西吉野町西野地内、復旧工事について、第5報

R168西野地内復旧工事についての第5報が6/17に奈良県道路管理課のHPに出ておりました。(報道資料はこちら
しつこいようですが、事案発生から経過をブログで投稿してますので、最後まで載せるのが筋かと思いまして、

内容としては来週初めには道路法面のコンクリート吹き付け工事が完了するとのことです。
6/17より法面崩落により損傷したガードレール等の修復工事に着手し、その後舗装工事を行い、天候不良等の不測の事態がなければ、6/22頃に片側交互通行による交通開放を行える見込みとのこと。
これでほぼ終了ですね。

二ヶ月程度の通行止めで終わるとは、最低三ヶ月、最悪半年を考えていたのですが、う~ん、仕事が早いようですが、多少無理矢理感を感じるのは気のせいか、
R168が使えないと各方面に色々と支障が多いですしね、
五條市道渡永谷線の仮設迂回路(仮設桟橋部分)がうまくいったのがよかったようで、
あの派手に崩落している部分の本格復旧をした方がいいような、(´Д`)

2016年6月 6日 (月)

R168西吉野町西野地内、復旧工事について、第4報

当方が6/2に奥高野へ山行に行っております間に、R168西野地内の土砂崩れ復旧工事に関する続報が出ておりました。
奈良県道路管理課のHPはこちら

内容としては、クライミングマシーンによる不安定土塊の除去及び法面の安定化を図る掘削が完了し、現在は法面のコンクリート吹付工事を行っているとのこと。

仮設防護柵の設置工事を行い、天候不良等の不測の事態がなければ、6月下旬に片側交互通行による交通開放を行う見込みとのこと。

まぁ、あの損害状況にしてはえらく短期間の通行止めで終わりそうです。
よかった、よかった...........のかな?

報道資料には十津川村等の観光施設の入り込み客数の昨年の同期間(GW・4/30~5/1、課仮設迂回路開設後の5/1~5/31の期間)の比較として約2割の減少になっている旨の記載があります。
観光シーズンでの約2割って、洒落になりませんな。
ゆえになるべくこちら方面に向かいたいと考えておりますが............お金を落とせる程行けるかどうか............う~ん、(;´Д`)

2016年5月19日 (木)

R168五條市大塔町小代地内、通行止め解除だそうで、

奈良県道路管理課のHPにR168五條市大塔町小代地内法面崩落による通行止めの件に関する第2報が出ておりました。

5/16、23:50から全面通行止めをしていたが、5/19、18:00から片側交互通行にて通行できるようになったとのことです。

速やかなる対応、結構なことでございました。(・∀・)

R168五條市大塔町小代地内、法面崩落の為通行止めだそうで、

奈良県道路管理課のHPにR168五條市大塔町小代地内、法面崩落の為通行止めの報道記事がありました。(発生:5/16)
迂回路は例のごとく、R169、高野龍神スカイラインの広域迂回、今のところ解除時期は未定らしく、第2報が待たれる所です。

記事の画像を見る限りそんなにひどい状況ではないようなので、長きに渡っての通行止めにはならないような感じです。

しかしながら、R168は連発しますね、(;´Д`)
十津川村風屋地区でも5/17に発生してますが、第2報で片側通行になる旨の報道発表がなされているのでこっちはもういいような、
しかし、ここまで連発するのも珍しいような、

こっち方面に行くには予定が立てにくいです。(´・ω・`)

0516kisei

2016年4月28日 (木)

R168西吉野町西野地内、土砂崩れ、復旧工事について

R168西吉野町の土砂崩れによる通行止めがGW前ということで、行政もえらく対応が早いようですが、奈良県道路管理下のHPに対応状況が載せられていました。
(4/22発表の第二報はこちら

県道勢井宗川野線(r49)を迂回路、西野トンネル南側の五條市道立川渡永谷線を仮設迂回路として仮設桟橋の設置工事を行っており、4/30、7:00を目処に仮設迂回路を開設するとのことです。
通行できる車両には制限があるとのことですが、たぶん大型、中型トラック、バス等ではないかと、

ちなみに崩落箇所の復旧工事は、二ヶ月程度で通行可能(片側通行)になるよう24時間体制で作業を進めるとのことです。

5月のGWにはなんとかなりそうな感じですね。
私はほとんど仕事ですが............orz

R168_tuukoudome

2016年4月21日 (木)

R168西吉野町西野地内、土砂崩れの為通行止めとな、

よく見るブログの記事にR168通行止め(4/14発生の土砂崩れの為)がありました。
不本意ながら今まで気づかずにいたのがちょっと情けなしです。
奈良県道路規制情報でも情報が出てますが、内容(約50mにわたって道路が土砂でふさがれている)を考えると、一~二ヶ月程度で復旧するような状況とも思えず、下手をすれば半年程度の通行止めのような、たぶん以前の崩落から工事をしていた所ではないかと思うんですが、違うかな。
う~ん、年内は通行が無理の可能性も...............
西野トンネル南側のr49への抜け道もずーっと通行止めだし
r49との分岐から天辻峠南側のr53との分岐までは、大峰山系西側の南北の通行における難所ですのでややこしい場所が多いわけです。
毎年どこか崩落しているような気がしますね。

天辻峠から南側のエリアも色々と計画しているのですが、R309→r53と迂回しなければならず、かな~りめんどくさいです。
よりによってあの区間かよ、と毒づいてみます。
ちょっと谷瀬の吊橋へツーリング、というのも当分厳しいっすね。

追記:規制情報(場所)の画像です。
R168_kisei

2016年4月 6日 (水)

シートバッグをアイリス箱に変更してみた

とうとう、シートバッグからリアケース(アイリス)に変更してしまいました。
Dscn2989

なんとなく、バイク用のリアケースは使用するに抵抗があって(特にあの形状が)...........使いたくなかったわけです。
まぁ、そうは言ってもバイクで山行に行くとなると通常のツーリングと違って色々な問題が起こってきます。

・当たり前なんですが容量の問題、
使っていたシートバッグは14ℓで、容量的にちょっとした日帰りツーリングでは特段問題なく、雨具、インナー、グローブ、その他諸々大体積める事ができ重宝しておったのです。
しかしながら、山行に赴くになると容量不足で、いつも必要最小限の資材を積み込むことしかできず、挙句の果てシートバックの上にザック、ヒップバックをネット等を使ってくくり付けるわけで、パッキンするのがめんどくさがったりします。
くくり付けた後でバッグに荷物の入れ忘れ、出し忘れなんぞがあったら............orz
ダメ押しですが、容量の大きなシートバッグは結構な価格です。(これが一番の問題かも)

・複数の山行に対応し易くするため、
以前は準備は一回で登山口に到着後、普通に着替えて準備して山登りを行い、下山後着替えて普通に帰宅していたのですが、最近は三角点探訪を行うようになり、一日に複数回の山行を行うのが当たり前になってきました。
10km歩こうが、1km歩こうが、共に1回なので当然のことながら手間、山行準備はほとんど同じです。
次の登山口に行くのに着替えるのは仕方ないにしても、いちいちパッキンするのがめんどくさくて、ケースですと荷物を中に放り込めばいいので時間短縮になりますし、当然楽チンです。

知り合いから、ケースにすると便利すぎて止められなくなるよ~、離れられなくなるよ~、と言われていたのですが、ホントその通りですわ。
しかもアイリス箱、形状的に収納しやすいです。
これで送料込みで2,500円程とは.............
ただし固定ベルトが別途600円程必要です。(コー○ンにて購入)
まぁ、バイク用とはいえ、カブorオフ車しか似合わないですが............(;´Д`)
ツアラー、ネイキッドでこれを着けるのはいささか................

より以前の記事一覧