最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月14日 (月)

高取町、下土佐地区の上土佐、三角点探訪(106)

下記が探訪ルートになります。
総距離:0.67km
合計時間:14分14秒
平均速度:3.59km/時
20170810_04

2017/8/10、10:44、壺阪山霊園北側の小山に三角点、上土佐が有りますが、霊園の駐車場には駐輪出来ないのでこの場所から向かいます、
Dscn2817

霊園の中をちょいと通らせてもらい入山、
Dscn2818a

尾根に向っている跡があり進んでみます、
Dscn2819

Dscn2820

しばらく進むと地籍調査杭のある杣道に、
Dscn2821

10:51、三角点、上土佐の場所に到着、左側に鉄塔があります、
Dscn2823

P151.6、三等三角点、上土佐、
Dscn2825

上田倖弘、宝来の鈴、両氏の三角点名板、
Dscn2831

サークルK氏の名板も、
Dscn2827

後は往路をそのまま戻ります、
Dscn2832

10:58、バイクの駐輪位置に戻って探訪終了、
Dscn2834

三角点の設置場所は下土佐地区ですが、三角点名は上土佐、上土佐地区って結構離れていてすぐ南側の清水谷の名称を使うのでしたら判るのですが、何と言っても三角点の埋標年が明治36年ですから当時は上土佐地区と呼ばれていたのかもしれんですね、

2017年8月13日 (日)

明日香村、岡地区の小原、三角点探訪(105)

下記が三角点探訪、ちょっとそこまでです。
総距離:0.12km
合計時間:3分56秒
平均速度:3.15km/時
20170810_03

2017/8/10、10:18、明日香村岡地区にある三角点、小原に向います、
Dscn2807

岡地区児童公園内に設置されているようで、
Dscn2814

幸いなことに誰もいません、(・∀・)、別に不法行為をするわけではないのですが、
Dscn2808

三角点標柱がちらりと見えまして、
Dscn2808a

10:21、P121.9、二等三角点、小原、取り替えられているようですね、場所柄仕方がないのかも、
Dscn2809

さすがに二等三角点ということで上田倖弘氏が来られています、
Dscn2812

10:23、バイクの駐輪位置に戻ってちょっとそこまで終了です、
Dscn2813

明日香村という所はとにかく史跡だらけで、特にこの近所には石舞台古墳がありますので休日は観光客+考古学マニアだらけで、とてもじゃないですがそんな日に来る気は起きません、(´Д`)
しかし、公園に誰も居なくてよかったですわ、また親子連れに変な目で見られるかと思いましたです、(;´Д`)

明日香村、細川地区の下畑、三角点探訪(104)

下記が三角点探訪ルートになります。
総距離:3.07km
合計時間:26分36秒
平均速度:10.18km/時
20170810_02

2017/8/10、9:20、県道155号線から冬野地区に向う林道を走行して三角点、下畑に向います、
Dscn2784

走行する上で全然問題ない林道のようで、奥の集落からの車両も頻繁に通行してます、
Dscn2786

Dscn2788

9:30、畑地区方面との分岐地点、直進します、
Dscn2790

9:33、この辺りかなぁ、とバイクを駐輪、
Dscn2791

攀じ登って行くしかないか、と諦めて入山、実はもう少し先から簡単に入れる所がありまして、
Dscn2793

ブッシュを掻き分け、上り詰めると、
Dscn2794

何故か石碑が、( ゚д゚)
Dscn2796

古道跡なのか、元作業道なのか、よくわからんのですが、一旦下に降りて左方向に登り返します、
Dscn2795

再度ブッシュを掻き分け進みますと、
Dscn2797

9:41、三角点、下畑の地点に到着、
Dscn2800

P538.4、四等三角点、下畑、
Dscn2801

戻りますが、作業道跡がそのまま車道に続いていますので進みます。
Dscn2804

こちらからだと簡単に行けたのですが、(´・ω・`)、こんなもんです、
Dscn2805

9:46、バイクの駐輪位置に戻って探訪終了です、
Dscn2806

北側の御破裂山に向わず、あえて南側の林道ツーリング兼三角点探訪するのがまさに変わり者の真骨頂のようで、(´・ω・`)、そのまま冬野地区まで行って竜在峠からの登山道の取付き地点の確認をすればよかったような、( ゚д゚)

2017年8月12日 (土)

吉野町、鹿路隧道南側から細峠、城ヶ峯、竜在峠、<その2>

竜在峠から鹿路隧道北側へ向います。
Dscn2734

7:42、しばらく進むと昔の茶屋跡に到着、すぐ横に道標、各方面の分岐地点で細峠へのルートもあるようです、ちなみにここから冬野1.9km、竜在峠0.3km、鹿路1.8km、細峠0.7km、滝畑1.9km、
Dscn2736

Dscn2738

読み方は、たふのみね(多武峰)、よしの、でいいのだろうか、
Dscn2740

鹿路隧道方面に下りていきます、
Dscn2744

しばらく進むと舗装路に変わりますが、昨日の雨で滑りやすいです、
Dscn2745

7:57、鹿路隧道北側に到着、
Dscn2749

今度は北側から細峠に向いますが、上の画像の民家があって車道が二車線なので、あまり桜井市側は旧道という感じがしません、
Dscn2751

桜井市側も舗装路が続きます、
Dscn2755

8:07、細峠→、の指示板を過ぎると登山道に、
Dscn2758

登山道に入ると細峠はすぐの所、
Dscn2759

8:12、細峠に到着、正面の吉野方面の指示板が気になりますが、たぶん南側の林道に通じているような気がしまして、そこまで歩くと林道を経由してバイクの駐輪位置まで戻るのが一苦労なのでここは自重します、
この前の龍門岳の件もありますので、冬場ならば歩くのも別にかまわんのですが、
Dscn2761

8:22、P725地点、ここも右方向にルートがありそうな、踏跡が見られます、
Dscn2763

8:25、分岐地点に到着、右に折れて降りていきます、
Dscn2765

8:29、破線道との分岐地点に到着、今度は破線道を進んでみます、
Dscn2767

最初は踏み歩かれた杣道という感じ、
Dscn2769

徐々に怪しくなっていきまして、
Dscn2770

とうとう踏跡もなくなり、やっちまったかなぁ、としばらく降りていきますと林道が見えてきまして、
Dscn2771

8:39、作業林道に到着、地形図の破線道が林道化したようです、
Dscn2774

Dscn2776

8:43、r37旧道に到着、入口はチェーンが張られていて車両は進入できません、
Dscn2777

8:45、出発地点に戻って山行は終了、それなりに面白かったですね、
Dscn2779

南側の破線道ルートと細峠の位置については勘違いが有りまして、前半ちょいとどたばた気味ですが、以前北側の隧道入口から細峠までちょいと歩いた際、細峠にある、「吉野方面」の指示板を見て南側はどういうルートなのかな、と思っていまして歩いてみたのです、
結局往路で歩いた道は尾根から三津地区へのルート(出発地点横に三津地区への車道有り)のようで、古道は古道でも吉野方面へのルートではないようです、となると林道もしくはその隣の破線道が吉野方面への古道なのだろうか、( ゚д゚)
まぁ、このエリアは尾根ルート、林道が多数あるので様々な歩き方ができるおもしろい山域ですね、(・∀・)

吉野町、鹿路隧道南側から細峠、城ヶ峯、竜在峠、<その1>

下記が山行ルートになります。
総距離:5.42km
合計時間:2時間20分00秒
平均速度:4.35km/時
20170810_01

2017/8/10、5:53、奈良県道37号線、新鹿路トンネルの吉野町側から旧道を走行、鹿路隧道南側に向います、
Dscn2668

6:26、鹿路隧道南側から破線道を利用して細峠に向います、
準備してましたら東側の三津地区の住民と思しき男性がワンコを連れて散歩されており、この道で細峠まで行けるか尋ねますと、「あぁ、行けるよ、古い道で昔は利用してたよ、ただし、その木の橋は危ないから渡らない方がいいけど」、とのことで、やはり古道であることが判明、
Dscn2681

木の橋は使わず渡って進みます、(´Д`)、確かにちょっと危ないかなと思っておりましたのでアドバイスは有り難いわけで、
Dscn2682

現在は杣道として利用されているようですが、いきなり破線道の位置から外れて上へと進みだし、地形図の破線道とは違うのかも、
Dscn2684

6:40、このでっかい倒木後方が南側から直登する破線道との合流地点、破線道は杣道のようで帰路で歩いてみることに、
Dscn2687

状態はそんなに良くはないのですが道幅が広く歩きやすいです、
Dscn2688

6:44、尾根道に合流、GPSを見ると細峠の西側(これが勘違い)のようで東進します、
Dscn2690

考えていた所に到着しても細峠でないようで、あれ、もっと東側だったのかな、とさらに東進、
Dscn2693

6:52、進むだけ進んでこの案内板でorz、(´・ω・`)
Dscn2696

7:07、がっくりしながら往路を戻って細峠に到着、以前に鹿路隧道北側から登って来たときはGPSの類は持たずに来たので位置を勘違いしてました、(´・ω・`)、まぁ、道無き道を彷徨ったわけでないのでいいんですけど、
Dscn2700

3年前に訪れた時より案内板の磨耗が酷くなっておりほぼ読めません、隣は松尾芭蕉翁の句碑、「雲雀より空にやすらふ峠かな」、ぐぐってみますとこういうサイトが、
Dscn2703

Dscn2706

細峠から竜在峠までは林道のような尾根道が続きます、
Dscn2709

7:20、三角点、城ヶ峯へ向うにどうもピーク地点まで尾根道を行かねばならないのを分岐地点を行き過ぎたようで、仕方がないので斜面を攀じ登ります、
Dscn2712

Dscn2714

7:25、三角点、城ヶ峯の地点に到着、
Dscn2715

Dscn2719

P752.3、三等三角点、城ヶ峯、
Dscn2721

竜在峠に向いますが、笹薮の中をテープを頼りに進みますが、途中テープが行方不明、なかなか厄介なルートです、
Dscn2724

7:35、なんとか竜在峠に到着、細峠から竜在峠に向うにこのルートしかないのか判りかねます、左方向の滝畑方面のルートと細峠からのルートがどこかで出会うだろうか、
Dscn2726

画像正面方向が滝畑方面、
Dscn2730

その2に続きます。

2017年8月 7日 (月)

橋本市市脇地区の橋本、三角点探訪(103)

下記が探訪ルートになります。
総距離:0.28km
合計時間:6分32秒
平均速度:3.91km/時
20170803_07

2017/8/3、12:15、京奈和自動車道。橋本IC南側柿畑の入口から三角点、橋本に向います、
Dscn2658

正面の鉄塔の向こうにあるようです、
Dscn2659

地形図では実線道が入り組んでいますが、ほとんどが作業道のようで、
Dscn2665

12:20、三角点、橋本のある地点に到着、この辺一体のピーク地点のようです、
Dscn2661

P145.8、三等三角点、橋本、雑草がまるで一心同体のように三角点にへばり付いています、
Dscn2664

12:23、バイクの駐輪位置に戻って探訪終了です、
Dscn2666

さすがに私有地の中ということもあり、名板の類はありません、(´Д`)、そりゃそうだ、
設置年(明治36年)から100年以上も経つと保護石も行方不明で、まだ雑な扱われ方をされていないだけましかも、( ゚д゚)

和歌山県道115号線、花園美里トンネル旧道を走行してみる、

下記が走行ルートになります。
総距離:6.38km
合計時間:34分36秒
平均速度:13.35km/時
20170803_06

2017/8/3、9:55、和歌山県道115号線、東側の旧道分岐地点から旧道を走行してみます、
Dscn2629

分岐地点後方には立派なトイレがありますが、
Dscn2626

何故かその隣にアスレチック(子供用ですね)が、何故にこのような場所に設置したのか、( ゚д゚)、年度末で予算が余ったから造ったとか、
Dscn2627

地蔵峠東側(かつらぎ町)はえらく整備が行き届いて路面は綺麗な状態、
Dscn2630

二車線の広い所も、
Dscn2634

10:09、地蔵峠に到着、ここから道の状態が変わります、
Dscn2637a

先に林道沼谷線、板屋沼谷線に向うため西側を走行したので状態は判っているのですが、他のトンネル旧道と同じ状態、適当に荒れています、まだましな方か、
Dscn2641

路面に堆積物が多いですし、法面も苔がびっしり、
Dscn2644

10:20、三角点、長谷宮への取付き地点、
Dscn2645

普通に倒木も、(・∀・)
Dscn2646

法面が崩れている所も、
Dscn2650

他のトンネル旧道とほぼ同様な状態です、
Dscn2652

10:31、花園美里トンネル西側に到着、地蔵峠を境にえらい違いです、( ゚д゚)
Dscn2653

峠を挟んで自治体が違うのですが、これほどまでに管理状態が違うのも自治体の意向が反映されているような、紀美野町は「旧道よりトンネルを通るべし」、かつらぎ町は「一応整備はしてまして通行できます」、山域の状態にもよるのでしょうが、東側の方が整備し易いのでしょうか、林道分岐地点がかつらぎ町ということもあるのかも、( ゚д゚)
そう言えば、旧道と林道との分岐にある東屋の場所はかつらぎ町です、もし紀美野町でしたら.................

和歌山県道115号線、臼谷渓谷の赤滝に立寄ってみる、

かつらぎ町、和歌山県道115号線沿いにある赤滝の場所になります、
20170803_09

2017/8/3、9:38、和歌山県道115号線の花園美里トンネル旧道に向う途中、「赤滝」の名標が目に入りましたので立寄ってみます、
Dscn2615

下を見ると遊歩道があるようで、どこから降りるんだろう、と足元を見ますと、雑草だらけの階段が、私は山行する服装のままなので平気なんですが、普通の服装ですと躊躇しますわ、
Dscn2621

遊歩道もそんなに人が歩いている感じはしないですね、
Dscn2624

Dscn2617

赤滝を遊歩道から見た様子、もっと下からでないといかんかな、と上の車道を戻りまして、
Dscn2623

一応少し眺められる所があるので撮影、赤滝ってどういう謂れがあるのか、
Dscn2618

県道115号線を走行してますと、「赤滝」の名標板、立寄ってみたのですがこの辺一体を臼谷渓谷と呼ばれているようで、かつらぎ町観光協会のHPに詳細がありました、(HPはこちら

2017年8月 6日 (日)

有田川町、横手地区の上横谷、三角点探訪(102)、未発見(´Д`)

下記が探訪ルートになります。
総距離:0.7km
合計時間:5分50秒
平均速度:16.47km/時
20170803_08

2017/8/3、9:20、和歌山県道115号線から三角点、上横谷に向ってみます、
Dscn2611

Dscn2612

9:26、GPSを見ますとちょうど三角点の横ぐらいに、
Dscn2613

どうせ車道横のコンクリに埋め込まれているのかと探しますが見つかりません、まさか隣の雑草だらけの空地とか、(´Д`)
Dscn2614

ここだけは点の記を見ずに向ったのですが、帰宅後点の記を見ますと案の定隣の空地にあるようで、とてもじゃないですが探す気は起きませんでした、冬場でしたら多少は頑張るのですが、(;´Д`)

有田川町、林道板屋沼谷線から岩坂、沼谷、三角点探訪(101)

三角点、岩坂、沼谷の位置になります。
20170803_04

20170803_05

2017/8/3、7:20、岩坂観音横の広場にバイクを置いて三角点、岩坂に向います、ここもラーツーするのに適した場所であるような、(・∀・)
Dscn2545

周りを見回すと東屋横に標柱がちらりと、
Dscn2549

P780.4、四等三角点、岩坂、
Dscn2546

8:50、三角点、沼谷に向う取付き地点に到着、斜面を登っている跡が、
Dscn2597_2

攀じ登って道沿いにそのまま進みますと、
Dscn2598

三角点、沼谷の場所に到着、杣道はそのまま上へと続いているようです、
Dscn2601

P473.8、四等三角点、沼谷、
Dscn2600

8:54、駐輪位置に戻って探訪終了、ずるっと滑って落ちかけました、気を抜いてはいかんです、(´Д`)
Dscn2602

事前に点の記を見ておりましたのでそんなに苦労せずにすみましたが、こういうマイナーな三角点にも探訪者があるようで、その周りだけ変に雑草がないのが(´∀`*)、

有田川町、林道板屋沼谷線から雨山、

下記が山行ルートになります。
総距離:2.43km
合計時間:48分46秒
平均速度:3.54km/時
20170803_03

2017/8/3、7:40、林道板屋沼谷線から雨山へ向いますが取付き地点を間違えまして、もう少し先の鞍部(ちょっとした広場の所)になっている所の方が入山し易いです、
Dscn2564

杣道は割とはっきりしていて間違えることはないです、
Dscn2567

ルート上の唯一の細尾根の所、
Dscn2568

特別不明瞭という程の所はなく、踏跡はしっかり、
Dscn2571

Dscn2574

7:57、尾根の分岐地点に到着、別方向からのルートがあるようで、地籍調査と刻印のコンクリ製の標柱があります、
2月に淡輪駅から俎石山へ向う際(P179地点だったような)にも似た標柱がありましたが、あちらは基準点と刻印が、どう違うのだろうか、
Dscn2575

Dscn2576

分岐地点を過ぎると登山者が設置したと思しきテープがちらほら、
Dscn2578

8:02、雨山頂上に到着、周りが伐採されてます、
Dscn2579

少し離れた所に山名板、あの方のHPは閉鎖してほしくなかったですが、
Dscn2586

P850.7、三等三角点、板尾、
Dscn2583

往路をそのまま戻ります、
Dscn2588

本来の取り付き地点から林道に出て駐輪位置に戻ります、
Dscn2589

8:30、バイクの駐輪位置に戻って山行終了、結果的にバイクを置くにはここが適していたような、
Dscn2591

地形図を見間違えて取付き地点を手前に設定してしまい、ちょいと無駄に歩いてしまいましたが、帰宅後点の記を改めて見ますとやはり林道に戻った地点からの入山のようです、
あの場所でしたら側溝を越えて車は駐車できると思いますが、林業関係者の作業場所(もしくは駐車場所)といった場所であるかもしれません、

2017年8月 5日 (土)

かつらぎ町、地蔵峠から林道沼谷線_板尾沼谷線を走行してみる、

下記が走行ルートになります。
総距離:11.61km
合計時間:1時間59分29秒(この内雨山への山行時間が48分46秒)
平均速度:12.10km/時
20170803_02

2017/8/3、6:51、旧道上の地蔵峠、ちょうど自治体(紀美野町、かつらぎ町)の境界線の所、左側が三角点、柳生谷への取付き地点で探訪予定だったのですが、壁のような凄い↑でここで力を使い果たすわけにいかないので自重します、(´Д`)
Dscn2523a

地名は平成の大合併前の町村名、
Dscn2524

地蔵峠からすぐの所の林道分岐地点、隣に東屋、ラーツーするのに(以下略.........
Dscn2526

6:59、地形図上の地蔵峠、林道毛原線と林道沼谷線との分岐地点、画像中央の看板後方の尾根道は立岩山方面へのルート、左の林道に進みます、
Dscn2529

Dscn2532

走行してしばらく進むと林道沼谷線の表示板、
Dscn2534

Dscn2535

7:13、林道分岐地点、林道板屋沼谷線の終点地点で左方向に進みます、この場所は有田川町に入ってます、
Dscn2538

Dscn2540

Dscn2539

最初はコンクリですがすぐにアスファルトに、これ以降全線アスファルト舗装路が続きます、
Dscn2542

7:20、岩坂観音の横の広場に到着、トイレ、東屋等があり広々としてます、
Dscn2558

Dscn2559

Dscn2554

法面が崩れた所がなく、スムーズに走行できますが調子に乗って走らせると路面の苔に足元を掬われるような、
Dscn2562

7:40、雨山への取付き地点、実際にはもう少し先の方が入山に適してます、
Dscn2564

Dscn2596

8:50、三角点、沼谷への取付き地点、
Dscn2597

9:02、板屋沼谷線の起点に到着、林道走行は一旦終了、
Dscn2608

Dscn2607

林道沼谷線を少しと板屋沼谷線を全線走行してみましたが、全線舗装路なので特に状況に支障はなく走りやすいです、
時間が時間なだけに当方だけでしたが、休日の日中には岩坂観音への観光客もいると思われますが、
2017年度版ツーリングマップルを見てみますと未だにダート記載、2007年秋に舗装路に移行し10年経過しているにも関わらず、昭文社の仕事の................まぁ、いいですわ、( ゚д゚)、
この前走行した川原桶川線も崩落で通り抜け不可の記載も未だにないですしね、
二輪の乗り手がどんどん減って、売り上げも↓し、費用追加して現地調査しても元が取れない、本でなくてもweb検索で必要事項は入手できる、(´・ω・`)、先は暗いですなぁ、

紀美野町、花園美里トンネル旧道から長谷宮、三角点探訪(100)

下記が三角点探訪ルートになります、
総距離:1.39km
合計時間:22分26秒
平均速度:4.02km/時
20170803_01

2017/8/3、5:57、和歌山県道115号線、花園美里トンネル西側から旧道に入ります、
Dscn2506

6:16、旧道の三角点、長谷宮へ向かう杣道取付き地点、赤の地籍調査の標注があります、
Dscn2507

尾根の杣道がはっきり、歩きやすいです、
Dscn2509

Dscn2512

6:27、三角点、長谷宮の場所に到着、
Dscn2514

P612.3、三等三角点、長谷宮、周りは間伐されているせいか名板の類いはありません、たぶん撤去されたのかも、
Dscn2516

往路をそのまま戻ります、
Dscn2518

6:39、出発地点に戻って探訪終了です、
Dscn2521

林道沼谷線、板屋沼谷線に向う前にまずは三角点、長谷宮へ向かってみたのですが、杣道が平和であっさり到着しまして多少拍子抜けです、先週が多少厄介だったから余計にそう感じたのかも、
二週続けて(´・ω・`; )でしたので本日は楽志向であちこち廻りたいと思います、

2017年8月 1日 (火)

黒滝村、奈良県道48号線から天王山、

下記が山行ルートになります。
総距離:0.98km
合計時間:28分26秒
平均速度:2.90km/時
20170727_06

1993年発行のエアリアマップ(大峰山脈)、現行版には天王山の記載がありません、なんでだろう?、
Dscn2504

2017/7/27、9:46、県道48号線松ヶ茶屋跡手前のヘアピンカーブ、カーブミラー横の作業道入口から天王山へ向います、
Dscn2443

往路は作業道入ってすぐのショートカットの登りを利用します、特に意味はありません、(´Д`)
Dscn2444

作業道に沿って尾根道に進みます、歩きやすい登山道のような道、
Dscn2447

9:55、松ヶ茶屋跡からの尾根道との合流地点、黄色の標柱のある所、左方向へ、
Dscn2448

合流地点からすぐの所にある作業小屋、後方を通ります、
Dscn2449

しばらくは歩きにくいですが、すぐに安定した尾根道に、
Dscn2450

Dscn2451

9:59、天王山頂上に到着、
Dscn2453

当然、天王山の山名板はなく、上田倖弘、宝来の鈴、両氏の三角点名板のみ、
Dscn2454

P712.2、三等三角点、中堂、
Dscn2457

10:09、尾根道との分岐地点に戻り、う~ん、どうしようか、と考えたものの、暑さでへばっておりましたので普通に往路を戻ることに、
Dscn2460

途中エアリアマップにある破線道の所のような、旧山上街道だと思いますが、
Dscn2462

10:16、バイクの駐輪位置に戻って山行終了、小南峠隧道に向います、
Dscn2464

11:10、ここはやはり洞川温泉へ、自宅に帰りつくまでに再度汗ぐっしょりになるのが判っていながら入らずにはおれません、(;´Д`)、営業開始直後なのに結構な入湯客があります、
Dscn2501

最初は松ヶ茶屋跡から尾根道で向おうかと思っておったのですが、いささかへばっておりましたので最短ルートで向ってみました、
2年前に松ヶ茶屋から天王山、旧小南峠、扇形山へ向って山行した際、帰路、河分神社近くの民家前で高齢のご婦人に天王山のことを尋ねてみたのですが、よくわからんねぇ、とのことでしたので、天王山ってどういう謂れがある名称なんでしょうかね、( ゚д゚)
今日は久々に宝来の鈴さんの追っかけをした気分です、三ヶ所とも名板にお目にかかれるとは、(´∀`*)、

« 2017年7月 | トップページ