最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 下市町小路地区の天倉、三角点探訪(97) | トップページ | 黒滝村堂原地区の堂原、三角点探訪(98) »

2017年7月29日 (土)

奈良県道48号線、地蔵峠旧道を走行してみる、

下記が走行ルートになります。
総距離:2.68km
合計時間:16分13秒
平均速度:12.64km/時
20170727_02

2017/7/27、6:37、奈良県道48号線、地蔵トンネル北側から地蔵峠旧道を走行してみます、
Dscn2333

Dscn2334

旧道といっても鳥住地区の集落があるのできちんと管理維持されていて、黒滝村のコミュニティバスも走行しています、
Dscn2335

Dscn2336

家屋の中に保管されていましたが、とうとう処分されるのだろうか、これのクーペモデルが学生時代に欲しかったですね、FRのセリカがサファリラリーで活躍していた頃、
トヨタ=ラリー=オベ、アンダーソン、という図式が頭の中で成り立っている私、(´Д`)
Dscn2337

6:46、地蔵峠に到着、
Dscn2340

地蔵堂がありますが、「地元では日本三峠地蔵の一つといわれている」、というのがなかなかです、
Dscn2342

Dscn2344

地蔵の水、給水するのに適しているような、反対側にハイキングコースもありますので、
Dscn2346

Dscn2345

地蔵堂横からハイキングコースが、これを利用して堂髑山(P721.8、三等三角点、高塚1)まで行けるのですが、
Dscn2347

日当たりが悪いせいか、室内はちょいとぬるぬるしてます、(´・ω・`)
Dscn2350

地蔵峠からすぐの所、鳳凰寺、百貝岳方面との分岐地点、
Dscn2351

Dscn2352

6:55、地蔵トンネル南側に到着、
Dscn2354

昔の地蔵峠は現在の車道の地蔵峠より南側の尾根を削った所にあったのではないか、と勝手に思ってるのですが、どうでしょうか、
ここの旧道は鳥住地区の集落があるのできちんとした状態なので、あまり面白がって走行する道ではないのですが、峠好きとしましては立ち寄ってしまうのです、( ´∀`)、
日当たりがあまり良くないせいか地蔵峠の休憩所の椅子等ががぬるぬるしてるのがちょっと残念、(^-^;)、ラーツーするのに余り支障はないですけど、
せっかくなので鳳凰寺まで行けばよかったような、(;´Д`)、三角点、鳥住も、

« 下市町小路地区の天倉、三角点探訪(97) | トップページ | 黒滝村堂原地区の堂原、三角点探訪(98) »

旧道」カテゴリの記事

街道・古道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/65589150

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良県道48号線、地蔵峠旧道を走行してみる、:

« 下市町小路地区の天倉、三角点探訪(97) | トップページ | 黒滝村堂原地区の堂原、三角点探訪(98) »