最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 勝神峠から龍門山、田代峠、勝神コースを下る、<その1> | トップページ | 下市町小路地区の天倉、三角点探訪(97) »

2017年7月23日 (日)

勝神峠から龍門山、田代峠、勝神コースを下る、<その2>

テイクオフ基地横からの勝神コースの詳細になります、(;´Д`)
20170720_05

9:38、林道終点から勝神コースを進みます、途中にある案内板の行く先は全て粉河駅となってます、
Dscn2257

雑草が多いのですがなんとなく廃林道かな、と思っておりましたら、
Dscn2259

9:46、ゲートのある地点に到着、やはり廃林道を利用したルートのようで、もともと破線道のあった位置のようですが、
Dscn2262

道の酷さに比べて案内板は明快で判りやすく、きちんと設置されているのがなにか妙な感じです、
Dscn2263

使われなくなって相当経過している様子、法面が崩れている所も多数箇所、
Dscn2265

そりゃ、これだけ酷い道ならば倒木の一つや二つはあるでしょうし、
Dscn2266

側溝が残っている所があちこちに、ほとんどは埋もれています、
Dscn2268

10:02、休憩所?、廃道を上に上ってみると、
Dscn2269

まさしく休憩所、なんとなく気持ち悪くてこれ以上は近寄れませんでした、壁の案内板くらい見ればよかったような、(´・ω・`)
Dscn2270

10:09、林道部分の終点地点、林道先がどこに通じているか興味はありますが、ここを左に降りて今度は古道部分に、判りづらい所で降りる所に薄~い踏後がありました、案内板がなければ当然直進です、
Dscn2273

古道も最初は歩きやすいのですが、進めば進む程状態が悪くなります、
Dscn2276

10:12、ハイキングコース案内板にあった青地谷戦死之碑、大正14年設置とな、
Dscn2279

Dscn2280

10:20、石碑を過ぎるとますます道の状態が悪くなり、斜面を滑るよう進む所も、
Dscn2283

案内板がなければわからんです、
Dscn2284

これはまだ序の口のブッシュで、この後一回目のルートロスト、
Dscn2285

10:24、もともと道跡が薄い上、ブッシュが酷いのでヤケクソで微妙に薄いブッシュの中を進んで抜け出た所、この後も厄介な所を進みます、
Dscn2286

10:27、この大岩の所でまたもや道を見失い、正面は右下に向って沢になっており、不明瞭な沢を下るのは禁じ手と思ってますので、たぶん右側のブッシュかと突入、
Dscn2287

酷いブッシュの中、足元が見えずスリップしながら進むとやっと前方に車道が、ほっと一息つきます、
Dscn2288

10:33、車道にある登山口にやっと着地、やれやれです、車道に出る前左右になにか史跡のような物件がありましたが、疲れ果て華麗にスルーです、
Dscn2291

後は車道を歩いて出発地点に向いますが、三角点、上勝神の南側近くに着地と考えていたので車道を予想外に歩くことに、暑いです、(´Д`)
Dscn2294

10:42、三角点、上勝神に向おうと思いましたが、取り付き地点近くにくくりわな猟の案内板が、迂闊に入って罠に引っかかると馬鹿丸出しなので止めます、
Dscn2295

10:57、出発地点の勝神峠に到着、山行終了、なかなかきつい山行でした、(´・ω・`)、この後は神通温泉に直行です、
Dscn2299

勝神コースって勝神峠からのルートとばかり思っておったのですが、よもやこのようなルートがあるとは思いませんでして、中央コース、田代コースはよく知られていますし、
たぶん地元ではこのルートの酷さは知られているのでしょうが、局外者の当方はそんなことは当然知りませんで、好奇心に負けて歩いてみたのですが、案内板のあるハイキングコースで廃林道、廃古道を利用したこんなに酷いルートは初めてかも、
登山道途中や分岐地点にある案内板がなければホントに単なる廃道で、古道に入ってから二度ほどルートロストして困り果てかけましたです、
あのブッシュの酷さ、道の状態を考えるとひょっとして冬季限定のルートなのかも、
どちらにしても今の季節に歩くコースでないのは明らかですわ、(;´Д`)
しかし、冬季の状態はどうなのだろうか、と余計な事を考えております、( ゚Д゚)

« 勝神峠から龍門山、田代峠、勝神コースを下る、<その1> | トップページ | 下市町小路地区の天倉、三角点探訪(97) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

猛暑のやぶ漕ぎお疲れ様でした
しっかりとした道しるべや休憩所があるのに、なんでこのルートなんですかね。
なんとも道標に騙された感がしてならないような
きれいな休憩所にみえますが、古戦場があったり周りの雰囲気とかで近寄り難い感じなんでしょうか。

たばおさん、おはようございます。
何と言うか、新手の詐欺に引っかかったような感じですわ、(´Д`)、
中央コースと田代コースの出発地点がどのような感じなのか私は知らないのですが、この登山口だと車はおろかバイクも置けませんし、粉河駅からも一番遠いですし、取付きにくい場所なのが不人気(たぶん)じゃないかと思います、
それでも歩いている人は多少はいるようで、あのブッシュの状態等からやはり冬季専用のコースなのかもしれません、

>近寄り難い感じなんでしょうか。
なんとなく不気味な感じがするのですわ、廃林道が特に雰囲気を醸し出してまして、えらいコースに入ってしまったわ、と多少ウンザリしていたのもありますが、(´Д`)

たばおさんも機会があれば歩いてみてください、ただし冬場に、でないとダニが、(;´Д`)、今回はダニのことを考慮する余裕は不本意ながらまったくなかったです、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/65566141

この記事へのトラックバック一覧です: 勝神峠から龍門山、田代峠、勝神コースを下る、<その2>:

« 勝神峠から龍門山、田代峠、勝神コースを下る、<その1> | トップページ | 下市町小路地区の天倉、三角点探訪(97) »