最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 南海紀見峠駅から高山_坊平_マルツコ_阿弥陀山_砥石谷<その1> | トップページ | 南海三日市町駅から清美_鬼住_北青葉_三角点探訪(62)_+高野街道を少し »

2017年2月 4日 (土)

南海紀見峠駅から高山_坊平_マルツコ_阿弥陀山_砥石谷<その2>

1993年発行のエアリアマップ(金剛山・岩湧山)、阿弥陀山は現行の地図にも記載がありますが、P738地点の位置が違っており、阿弥陀山に三角点があるような記載、( ゚д゚)
ゴヨノ谷辻の場所がどうもよくわからんです。
Dscn8644

林道分岐地点に戻ってマルツコに向かいます。
Dscn8578

9:56、林道横のマルツコへの取付き地点、ここから斜面を攀じ登りますがすぐの所です。
Dscn8579

9:58、マルツコ頂上に到着、あっちこっちのピークで見かける無線マニア氏の山名板、
Dscn8581

Dscn8584

10:13、阿弥陀山前分岐の広場に到着、以前はよく高山林道をバイクでトコトコ走ってここの広場に駐輪、あっちこっちに向かいましたが、今の季節はさすがに無理です。
Dscn8590

10:19、阿弥陀山前分岐から林道をしばらく進んで阿弥陀山への取付き地点、
ゴヨノ谷辻はこの辺り、元々林道下にあった高野口方面に向かう古道との辻を指しているのではないかと思うのですが、
Dscn8591

入ってすぐに全身雪まみれです、(ノ∀`)
Dscn8592

10:25、阿弥陀山頂上に到着、登山道上に小さな山名板があります。
Dscn8594

Dscn8596

和歌山県側は笹が目立ちましたが、大阪府側はそうでもなく道はちょっと荒れ気味、
Dscn8600

10:33、五ツ辻に到着、車両通行止めの柵横に、
Dscn8601

ダイトレは相変わらず特に問題なく、ほとんどお散歩気分で歩けます。
Dscn8603

11:08、せっかくなので根古峰に立寄ります。
Dscn8610

P749.4、三等三角点、加賀田、
Dscn8611

11:40、ダイトレを散歩気分で歩いて砥石谷林道方面の分岐地点に到着、左方向に進みます。
Dscn8617

11:45、途中「砥石谷林道へまで30分」の記載のある手製の案内板がありますが、そこから林道終点まで10分程だったので、どこの地点まで30分なのか?
Dscn8619

砥石谷に沿って登山道、
Dscn8622

11:52、砥石谷林道終点に到着、林道起点まで歩いてみた限り、オフ車であればなんとかここまで来れるような感じです。
Dscn8624

12:03、途中の林道分岐地点、空腹に我慢ができずここでお昼にしましたが、狭山高校の耐寒登山の過去のプレートが数箇所あります。
Dscn8628

12:20、林道砥石谷線の起点に到着、ここから天見駅までは車道歩きです。
Dscn8631

12:36、南海天見駅に到着、山行終了、天見駅で終了も何気に多いような、( ゚д゚)
Dscn8640

2/10に狭山高校の学生さん達が耐寒登山を行う旨のお知らせが分岐地点等の案内板に括り付けられていました。
一学年320名の登山というのも大したもんだと思いますが、引率の先生方の苦労も大変なような、
しかし、このルート内容は普段から歩いてないとそれなりに辛いと思いますわ、
Dscn8633

久しぶりにマイナーな山巡りをしてみましたが(そうでもないか)、他の登山者に会うこともなく(いつものような)、雪がちらつく中静かな山歩きです。
私も遥か昔小学5年の時、金剛山へ小学校の耐寒登山(1月終わり)に参加したのですが、樹氷(霧氷だったかな)の記憶が未だに残っていて、たぶんあの時の経験が未だに山登りをしている主たる理由のような気がしますわ。
しかしあれから40ウン年経ったとはまさに光陰矢のごとし、( ̄□ ̄;)!!

« 南海紀見峠駅から高山_坊平_マルツコ_阿弥陀山_砥石谷<その1> | トップページ | 南海三日市町駅から清美_鬼住_北青葉_三角点探訪(62)_+高野街道を少し »

和歌山県」カテゴリの記事

金剛山系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/64841690

この記事へのトラックバック一覧です: 南海紀見峠駅から高山_坊平_マルツコ_阿弥陀山_砥石谷<その2>:

« 南海紀見峠駅から高山_坊平_マルツコ_阿弥陀山_砥石谷<その1> | トップページ | 南海三日市町駅から清美_鬼住_北青葉_三角点探訪(62)_+高野街道を少し »