最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« JR山中渓駅から四石山_四ノ谷山<その1> | トップページ | JR山中渓駅横の熊野・紀州街道を歩いてみる、 »

2016年12月31日 (土)

JR山中渓駅から四石山_四ノ谷山<その2>

春日神社横から四ノ谷山へのルート詳細です。
Yonnotaniyama

10:35、車道を歩いて春日神社に到着、左側にある破線道取付きから入山します。
Dscn7725

Dscn7726

10:40、不動の滝上の滝に到着、どうも下の滝と一対のようでしっかり撮影し忘れています、(´・ω・`)
Dscn7729

沢沿いの落ち着いた感じの道、天候が荒れるとすごいのでしょうけど、
Dscn7733

10:54、相当に古い砂防ダムのようで、コンクリも使っているのですがほとんどが石積のなかなかカッコいいダムです。
Dscn7738

10:57、保安林案内板の所、北側の破線道に向かうルートとの分岐地点、黄色のテープが二枚張り付けられています。
案内板には破線道と北側に向かうルートが山道として記載されていまして、取り合えず大丈夫ね~、と安心したのですが、(・∀・)
Dscn7740

こちらのルートにもリボンとテープが貼り付けられています。
Dscn7743

Dscn7744

11:11、西側に向かう破線道との分岐地点、ここまで順調でしたが、どこに道があるのよ、といった感じ、( ゚д゚)
右側に進んで斜面の道らしき部分を登りますが途中で道は消失、如何ともし難いので一旦戻って別方向から攀じ登ります。
画像右側にも小さな滝があります。
Dscn7745

別方向から斜面を無理矢理攀じ登りますが、結構大変で、(´Д`)
Dscn7747

幸いなことに道があったと思しき尾根道に、これで大丈夫だわ、と思ったのですが、
Dscn7748

しばらく進むと強烈な羊歯ブッシュに、(´・ω・`)、しばらくこの状態が続き、えらく難儀します、
Dscn7751

これはまだましな方で、道のあった所を探しつつ進みますが、進んで行きますと羊歯ブッシュは軽くなっていきます。
これでも道の痕跡が多少は残っています。
Dscn7752

11:34、四ノ谷山から雲山峰方面への稜線登山道に到着、分岐を示すテープ等はありませんので、かつてここからルートがあったとは誰も気づかないようで、当然私も、
それでも注意してみるとなんとなくですが、痕跡らしき感じがあります。
Dscn7754

11:40、四ノ谷山への分岐地点、案内板には100m程で四ノ谷山と記載があります。
Dscn7757

11:41、四ノ谷山頂上に到着、
Dscn7759

ここもなかなか山名板が賑やかで数えてみましたら朽ち果てたもの入れますと7枚、
Dscn7760

P363.0、三等三角点、滝畑
Dscn7763

12:01、第一パノラマ台からの関西国際空港方面の眺望、後方は六甲山系、
Dscn7768

こちらは淡路島方面の眺望、
Dscn7773

銀ノ峰コースを廻ろうかと思いましたが、普通に下ります。
Dscn7776

12:26、阪和自動車道横の登山道取付き地点に到着、この後は車道を歩いてJR山中渓駅へ、
Dscn7782

12:36、JR山中渓駅に到着、山行終了ですが久しぶりに近くの熊野・紀州街道に赴いてちょいと散策します。
Dscn7785

春日神社横からの破線道途中にある保安林案内板に山道(破線道に相当する道)の記載を見まして、これは稜線登山道まで大丈夫だわ、と思ったのも束の間、やっぱり今回もオチがありまして、(ノ∀`)、
久々の酷い羊歯ブッシュにすったもんだしたのは、この時期のいつもの行事みたいなものなのでまぁ、仕方ないです、(´・ω・`)
破線道分岐から先、斜面途中まで道らしき跡がありましたが、その後別の斜面を無理矢理攀じ登って破線道相当の所が見つかったのは幸いで、これもGPSで自位置を正確に捕捉している安心感があるからでありまして、ガーミンは有り難いものであるなぁ、と改めて思いますわ、
(別にガーミンの宣伝をしているわけではないです、(´Д`))
保安林案内板の内容記載が昭和34年7月なので(私が生まれるウン年前)、今も道が現存していると考えるのが早計でありまして、(∀`*)ゞ、いや~、考えが甘いですな、
しかし、逆にこのルートをいきなり下りるとなるとちょっと自信がありません、(;´Д`)

« JR山中渓駅から四石山_四ノ谷山<その1> | トップページ | JR山中渓駅横の熊野・紀州街道を歩いてみる、 »

和歌山県」カテゴリの記事

大阪府」カテゴリの記事

紀泉高原」カテゴリの記事

コメント

ryokutyaさん、明けましておめでとうございます。
四石山と四ノ谷山は以前に別に登ったことがありますが、峰続きではないので一緒に登るとなると結構大変ではなかったでしょうか。
四ノ谷山には雲山峰、地蔵山と一緒に行った時は峰続きだったように記憶してるんですかねが。

たばおさん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
四石山へ登って下りてまた四ノ谷山へ登り返すのは確かにめんどくさいのですが、高い山ではないですし、沢沿いのだらだらした登りのルートなのでそんなに大変に感じなかったです。
羊歯ブッシュはたまらんものがありましたけど、(´・ω・`)
今の季節でそれなりの距離を歩くのでしたら峰続きの紀泉アルプスはちょうどいい山域ですよね、
過去JRの駅からの入山ばかりなので今度は南海の駅から入ろうかと思っとります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/64691752

この記事へのトラックバック一覧です: JR山中渓駅から四石山_四ノ谷山<その2>:

« JR山中渓駅から四石山_四ノ谷山<その1> | トップページ | JR山中渓駅横の熊野・紀州街道を歩いてみる、 »