最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 橋本市北宿地区の宿、三角点探訪(51) | トップページ | 五條市岡町の岡、三角点探訪(52)、( ゚Д゚) »

2016年11月 5日 (土)

林道行者七霞線終点から七霞山_下筒香_+ラーツー

下記が山行ルートになります。
総距離:3.38km
合計時間:1時間19分11秒
平均速度:3.35km/時
Nanakasumiyama

2016/11/3、9:30、行者七霞線終点から山行開始になります。
七霞山の三角点名が七霞峠で、左方向への西富貴方面への林道は下って行きますので、まさにここが七霞峠、
置いているバイクの前方に帰路で利用した林道があります。
Dscn6827

縁起でもないですが、
Dscn6828

峠から七霞山はひと登りで到着です。
Dscn6830

9:35、七霞山頂上に到着、二等三角点が設置され、林道終点から簡単に来れるためか山名板も多数あります。
Dscn6831

Dscn6833

P891.2、二等三角点、七霞峠
Dscn6837

破線道を利用して三角点、下筒香に向かいますが、七霞山からしばらくは判り難いのでテープが張られています。
Dscn6838

しかし、すぐにわかり易い破線道、今は杣道として利用されているようです。
Dscn6839

ちょいと間違えかけた破線道の分岐地点、
Dscn6841

9:49、破線道の分岐地点から進むとすぐに行者七霞線終点からの林道との辻、
ちょうど、右からやって来た林業関係者の方とお会いしまして(見回り業務らしく)話を伺いましたが、熊に気をつけてね~、とのこと、(ノ∀`)
熊の鳴き声を聞いた方がそれなりにおられるそうで、何か音をたてながら(咳払い等)歩いてほしい、とのことでした。
Dscn6842

この先の破線道は非常にわかりやすく、
Dscn6843

林道との重複区間もあるため、ほとんどお散歩のようです。
Dscn6844

10:01、左方向が境界線になりますが、登山道でないので熊出没注意の案内板が必要なのかどうなのか、
しかし、私のような物好きもいるからやっぱり必要か、(´Д`)
Dscn6848

Dscn6851

三角点近くになりますと多少倒木等がありますが、この程度です。
Dscn6852

10:17、三角点、下筒香のあるピークに到着、
Dscn6855

P792.5、四等三角点、下筒香
Dscn6859

最初は林道との辻から林道を歩いて出発地点に戻る予定でしたが、ここから左方向の林道を歩いてもそんなに変わらないようで、
軽トラ当たりの轍がしっかりあるようなので進みます。
Dscn6864

それなりに車両が入っているようです。
Dscn6866

10:51、出発地点に戻って山行終了です。
バイクの後方の車両は途中でお会いした林業関係者の方の車両のようです。
Dscn6871

行者七霞線終点ではラーツーというわけに行かないので(さすがにちょっと恥かしいような)、GPSロガーの計測後、R371から少し戻った所にあるベンチをお借りしてラーツーです。
きのくに子どもの国学園の生徒さんが造られた施設のようです。
Dscn6879

本日は明星、チャルメラみそ味、ここまで下りてきますと風はそんなにありませんが、本日はそれなりに寒いのでやはり暖かいものが(・∀・)です。
Dscn6882

行者七霞線終点から七霞山だけではあまりにも簡単すぎるので、三角点の下筒香まで歩いてみましたが、もうすこし先のP751まで足を延ばせばよかったような、
R371の河合橋から七霞山へのルートがありそうですが、周回ルートとなるとR371や他の車道をそれなりに歩かざるを得ないので、周回ルートの場合は北宿を基点とするルートとなりそうですね、

« 橋本市北宿地区の宿、三角点探訪(51) | トップページ | 五條市岡町の岡、三角点探訪(52)、( ゚Д゚) »

ラーツー」カテゴリの記事

三角点探訪」カテゴリの記事

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/64442319

この記事へのトラックバック一覧です: 林道行者七霞線終点から七霞山_下筒香_+ラーツー:

« 橋本市北宿地区の宿、三角点探訪(51) | トップページ | 五條市岡町の岡、三角点探訪(52)、( ゚Д゚) »