最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 五條市岡町の寺之前、三角点探訪(54) | トップページ | 犬鳴山バス停からビシャコ谷_三峯山_城ヶ峰_P488<その2> »

2016年11月12日 (土)

犬鳴山バス停からビシャコ谷_三峯山_城ヶ峰_P488<その1>

下記が山行ルートとなります。
総距離:8.19km
合計時間:3時間32分46秒
平均速度:3.89km/時
Mitsumineyama

2016/11/10、07:57、犬鳴山バス停から山行開始、今回はJR熊取駅から和歌山バスを利用してます。
Dscn6966

大阪府道62号線(旧粉河街道)を歩いて林道生草線へ、r62は大型車両がかなり通りますので(歩道もなし)危ないです。
Dscn6967

生草谷、近畿自然歩道からの分岐地点、最初は犬鳴山バス停から東側へ下りて二瀬川沿いの近畿自然歩道を歩こうかと思ったのですが、.たしか二瀬川の渡渉が必要だったので、この寒さでスリップしてドボンすれば.............ヽ(`Д´)ノとなりますので、
Dscn6973

オマガリ橋と言われている所、標高244m、林道生草線、やたら名称のある場所が多いので、もともとは粉河街道と根来街道(府道63号線)を結ぶ古道だったようです。
Dscn6974

8:27、林道と近畿自然歩道の分岐地点、古道はたぶん右から城ヶ峰、ササ峠に向けてだったんでしょうね、
Dscn6979

林道から離れた所にも、平の谷、
Dscn6981

長さこの東谷と呼ばれている所、標高295m、
Dscn6983

ドノヨと呼ばれる所、標高354m、林道終点はまだ先ですが、右側の火の用心看板横に遊歩道の取り付き地点、
Dscn6985

8:36、林道終点のおおたわの谷と呼ばれる所、標高350m、昨年、ビシャコ谷への破線道を探りに来たときは右側ばかり向かって結局断念したのですが、左側を見ますと朽ち果てかけた遊歩道が、
昨年来たのは7月だったので草で覆われて見えなかったのだろうかと、
Dscn6987

Dscn6989

破線道に相当する遊歩道を進みますが、あっちこっち崩れてガッタガタです。
Dscn6992

斜面が崩れて崩落しちゃっている所も、
Dscn6995

遊歩道は右手に離れていきますが、ぐるっと一回りしてドノヨの所に戻って来るんじゃないかと思います。
どうでもいいですが、一部崩落しているので上の木道まで上がるのに崩れた所を攀じ登る必要があるようです、
Dscn6997

昨年歩いた軌跡ですが、ドノヨからの遊歩道を途中まで歩いています。
Mitsumineyama02

遊歩道を離れて薄い踏跡を進みますが、リボンが付けられているので杣道でもあるようです。
Dscn6998

途中、一ヶ所だけ三峯山へ手製の案内板、あちこちでよく見かける山友会の物、
Dscn7002

踏跡は薄いですがリボンを追って行けば大丈夫です。
Dscn7005

9:07、稜線登山道、ちょっと鞍部の所に到着、左側から登って来ましたが、テープが赤、白、ピンク、三峯山への案内板と賑やかな所、
Dscn7008

三峯山へ向かいますがここからは稜線登山道につき快適です。
Dscn7012

9:20、三峯山頂上に到着、頂上南側(画像向かって右側)にリボンが続いており、どうも杣道が続いているようで、以前からちょいと興味が有ります。
Dscn7014

Dscn7020

P576.2、二等三角点、土丸、
Dscn7018

その2に続きます。

« 五條市岡町の寺之前、三角点探訪(54) | トップページ | 犬鳴山バス停からビシャコ谷_三峯山_城ヶ峰_P488<その2> »

和歌山県」カテゴリの記事

大阪府」カテゴリの記事

紀泉高原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/64470848

この記事へのトラックバック一覧です: 犬鳴山バス停からビシャコ谷_三峯山_城ヶ峰_P488<その1>:

« 五條市岡町の寺之前、三角点探訪(54) | トップページ | 犬鳴山バス停からビシャコ谷_三峯山_城ヶ峰_P488<その2> »