最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« JR山中渓駅から払川_行雲仙峰_雲山峰<その1> | トップページ | 桜ノ辻から塩降山_猿子城山_十五丁地蔵山_槇尾山<その1> »

2016年11月19日 (土)

JR山中渓駅から払川_行雲仙峰_雲山峰<その2>

行雲仙峰から雲山峰に向かう途中の分岐地点、右方向が山中渓駅と記載、遠回りになりますので、左の標柱のある方向に進みます。
Dscn7130

Dscn7131

10:19、途中から地形図の破線道と離れてちょっと怪しくなりますが、テープは続いていて登山道に到着、右側に赤テープが何枚も巻かれていて、「雲山峰→」の案内板の所、木製の階段も、
Dscn7132

10:20、雲山峰頂上に到着、
Dscn7133

P489.9、三等三角点、天下森、なんとなく派手な名称、(´ε`;)
Dscn7136

ここからは登山道ですので、殆どお散歩気分です、(・∀・)
Dscn7143

紀泉アルプスは登山道が多いので当然分岐地点も多く、案内板もきちんと設定されています。
この次の井関峠への分岐地点で困った案内板が、(;´Д`)
Dscn7144

天候も良く、和歌山市内方面の眺望もはっきり、くっきり、
Dscn7149

10:51、地蔵山横の井関峠への分岐地点にも案内板がありましたが、展望広場先の六角堂にも複数の案内板が、
JR紀伊駅へ下りる予定が...............orz、( ゚д゚)
Dscn7152

雲山峰にもあったかもしれませんが、気づきませんで、(´Д`)
気づいていましたら四ノ谷山方面に戻ったのですが、うまくいきませんわ、(ノ∀`)
Dscn7155

Dscn7154

11:01、三差路に到着、しっかりロープで立入禁止にしています、
仕方ないので六十谷駅方面の四ツ池道を進みます。
Dscn7157

案内板では娘地蔵の位置が地蔵峠の南側になっているのですが、何故か地蔵峠の北側(円の行者堂に向かう道横)に有ります。
なんでだろう?
Dscn7161

娘地蔵、何故か四ツ池道横に、
Dscn7162

六十谷駅へ、の案内板どおりに進みます。
紀伊駅に下りるつもりでカシミールからカスタムマップの切り出しをしているので、すでにガーミンに地形図の表示はなし、(´・ω・`)
一般登山道を歩くだけでしたらスマホの地図ロイドだけでなんとかなりますが、なんとなくOpen Street Mapだけでは悲しいものがあります。
Dscn7167

途中に珍しい村界を示す道標、「紀伊、直川、村界」、
Dscn7168

Dscn7169

11:54、まっすぐが山と高原地図にある四ツ池道ですが、右方向に複数の六十谷駅への案内板があるので、そちらへ、地形図の破線道のようで、
Dscn7171

道なりに進むだけです、
Dscn7173

Dscn7177

12:15、車道に到着、右の車道方面は、「大福山・井関峠・墓の谷・行者堂、行者堂まで約3.7km」、歩いてきた道は、「鉄塔コース・六角堂・ひろば、ひろばまで約4.4km」と記載があります。
Dscn7178

12:36、車道を歩いてJR六十谷駅に到着、山行終了です。
Dscn7182

雲山峰からのルートを歩くのは3年ぶりでその時は普通に紀伊駅に向かえたのですが、雲山峰に着いた時点で、後は一般登山道だけだわ(・∀・)、と思ったのも束の間、なかなかの落ちがありまして、最初が良ければ終わりが(ノ∀`)のパターン、
いっその事落合の方に向かう地蔵山林道を歩こうかと思ったのですが、紀伊駅or山中渓駅どちらに向かうにしろ、えらく無駄な車道歩きを強いられるので無難に六十谷駅へ、
こっち方面は第二阪和国道の建設で登山道に一部に支障のあることは以前から頭にありますが、京奈和自動車道のことはまったく考慮しませんで、事前の確認が甘かったですわ、
別にたいした事ではないのですが、はい、(゚ε゚)

« JR山中渓駅から払川_行雲仙峰_雲山峰<その1> | トップページ | 桜ノ辻から塩降山_猿子城山_十五丁地蔵山_槇尾山<その1> »

和歌山県」カテゴリの記事

紀泉高原」カテゴリの記事

コメント

ryokutyaさん、こんにちは。
雲山峰の側に行雲仙峰という山があったのですね。
幾度となく雲山峰に行ったことはあるのに全く知りませんでした。
すぐ近くまで行ってるのに気付かず、逃してる山が意外とあるのかもしれないです。

たばおさん、こんにちは、ご無沙汰してます。
行雲仙峰は私も知らなかったのですが、ベテラン諸氏のHP、ブログで知りました。
以前、雲山峰に来た際、立派な山名柱の横に妙な踏み跡があるなぁ、と思ったのですが、意外に向かっている人は多い様子です。
こういう山は某ベテラン諸氏のサイトでないと発見出来ませんわw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/64506350

この記事へのトラックバック一覧です: JR山中渓駅から払川_行雲仙峰_雲山峰<その2>:

« JR山中渓駅から払川_行雲仙峰_雲山峰<その1> | トップページ | 桜ノ辻から塩降山_猿子城山_十五丁地蔵山_槇尾山<その1> »