最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« R371から林道行者七霞線を走行してみる、 | トップページ | 橋本市谷深奥地区の針尾、三角点探訪(50) »

2016年11月 4日 (金)

橋本市彦谷地区の彦谷、三角点探訪(49)

下記が探訪ルートになります。
総距離:1.84km
合計時間:39分10秒
平均速度:3.70km/時
Hikotani

2016/11/3、7:15、行者七霞線から三角点、彦谷に向かいます。
車道につきバイクで進もうかと思いましたが、地図を見るときのくに子どもの村学園の建物があるようなので、普通に歩きます。
Dscn6746_2

7:27、この手前に学校関係者の駐車場があり(実はそこに登山口が)、車道突き当たりから入山しますが、
Dscn6748

道が無くなり、仕方がないので斜面を攀じ登って、道がないかと探しますと、
Dscn6749

立派な登山道紛いの道が、長年に渡り歩かれてきたのが判ります。
Dscn6750

登山道周辺には地域生息調査(小型哺乳類)の小箱が多数設置されています。
Dscn6751

多少倒木等はありますが、えらく歩きやすい道です。
Dscn6754

Dscn6756

7:40、三角点、彦谷のあるピークに到着、道は前方にも続いているようで、R371からのルートがあるような、
Dscn6759

P601.7、三等三角点、彦谷
Dscn6762

出発地点に戻りますが、攀じ登った所から今度は普通に歩きますと、
Dscn6764

学園関係者の駐車場横に、車の後方に往路で歩いた車道があるのですが見えにくいです。
初めて訪れたので仕方ないです。
Dscn6765

8:01、出発地点に戻って探訪終了です。
Dscn6768

行者七霞線から車道を含めて、もともとは古くからある古道だったのではないかと思うのですが、三角点から先の道がどこに通じているのか興味がありますね。
長年に渡り歩かれてきたようで、学校関係者だけでなく地元の登山者も利用しているような感じで、三角点のあるピークも実は山名があったもおかしくないような、

2016/12/22、追記
こちらのブログを拝見してましたら、三角点、彦谷のあるピークは竜王岳(白駒ヶ岳)ということらしいです。

« R371から林道行者七霞線を走行してみる、 | トップページ | 橋本市谷深奥地区の針尾、三角点探訪(50) »

三角点探訪」カテゴリの記事

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/64442254

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本市彦谷地区の彦谷、三角点探訪(49):

« R371から林道行者七霞線を走行してみる、 | トップページ | 橋本市谷深奥地区の針尾、三角点探訪(50) »