最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 和泉葛城山横ロータリーから葛城山(三角点)_大石ヶ峰<その1> | トップページ | 林道粉河中央線から南焼尾、三角点探訪(33) »

2016年8月 8日 (月)

和泉葛城山横ロータリーから葛城山(三角点)_大石ヶ峰<その2>

案内板や登山者のテープが見あたらないのですが、はっきりとした道なので問題なく歩けます。
Dscn4941

Dscn4943

それでもバイクの走行跡が酷いですが、
Dscn4945

9:11、三角点、葛城山の東側の北側のルートに一番近い地点、
Dscn4946

9:14、三角点への分岐地点に到着、後は往路を戻ります。
Dscn4948

往路をそのまま戻るつもりでしたが、昔の葛城街道を進んでみます。
やっぱり舗装林道は出来る限り...............
境界線でもあるので地籍調査標柱なども設置されています。
Dscn4950

Dscn4952

最後はご愛嬌で草叢です。
Dscn4954

9:28、せっかくなので和泉葛城山へ、
Dscn4957

来るたびにどこが頂上なのか、と思うのですが、地形図を見ると八大龍王の前あたりがP858のような、
Dscn4958

Dscn4959

Dscn4960

和泉葛城山と言えばやはりブナ林、
Dscn4962

Dscn4961

和泉葛城山へは久しぶりなのですが、大石ヶ峰方面の登山道の車両轍が相変わらず酷くて歩いていても興ざめになります。
私もバイクに乗りますが、このような所を走り回る技量は持ち合わせていないので、当然走行しませんが(できませんが)、
現在、公道以外でオフ車で走り回れる場所はほぼ皆無なので気持ちはわかりますが、私有地ですからねぇ。
もし登山道で登山者と衝突なんぞにでもなったら..............

ところで地形図には近畿自然歩道の記載がありますが、どちらのルートなのか、
近畿自然歩道の標柱は見当たらなかったのですが、

« 和泉葛城山横ロータリーから葛城山(三角点)_大石ヶ峰<その1> | トップページ | 林道粉河中央線から南焼尾、三角点探訪(33) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

ryokuytaさん、こんばんは。
このルート、以前に歩いた時もタイヤの跡がくっきりとしてたような記憶があるのですが。
なんかオフローダーにはかなりメジャーになってるような気がします。
ここではないですが、狭い山道でバイクの群れにでくわしあわてて回避したことも。さすがにハイスピードでニアミスされると怖いです。接触でもしようものならシャレにならないので登山道ではやめてもらいたいですね。
私も紀泉高原がほぼ林道だったときはよく走りに来てたし、気持ちは解るのですが。

たばおさん、おはようございます。

>なんかオフローダーにはかなりメジャーになってるような気がします。
そのようですね。
今回は終了後ロータリー横の駐車場に戻ってきたら車両にオフ車両を積んだ人が数人いまして用意してました。
以前は入山しようとしてゲートの前まで行ったら現在木材を置いている場所からすごい勢いで出てきてひやっとしたことがあります。

>接触でもしようものならシャレにならないので登山道ではやめてもらいたいですね。
そうですね、おっそろしいですわ。
事故ったらどうするのでしょうかね、賠償責任は当然、強烈に加害者に対して非難轟々だと思いますが。

不思議なのが、地権者がどうのように考えているのかがさっぱりわからんということです。
普通は強烈なバリカー等を設置して入れないようにするとか対処すると思うのですが。
完全に閉め出して人の多い平地で走り回られるぐらいならここで、という行政の判断もあるのやもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/64029624

この記事へのトラックバック一覧です: 和泉葛城山横ロータリーから葛城山(三角点)_大石ヶ峰<その2>:

« 和泉葛城山横ロータリーから葛城山(三角点)_大石ヶ峰<その1> | トップページ | 林道粉河中央線から南焼尾、三角点探訪(33) »