最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 林道白馬線から八幡谷_P1148_三角点探訪(30) | トップページ | 虻峠から松葉山_P1091_みたらい遊歩道_虻峠<その1> »

2016年7月29日 (金)

黒滝村、R309旧旧道を走行してみた、(´Д`)

旧r21の虻峠から松葉山、P1091、みたらい遊歩道、虻峠(三角点)への山行前にR309旧旧道を走行してみました、今更ですが、(´Д`)

下記が走行ルートになります。
総距離:2.47km
合計時間:22分31秒
平均速度:9.29km/時(撮影しつつ、ゆっくりです)
R309old

旧R309笠木トンネル北側前の車道崩落現場は復旧されています。
2016/4/1から通行可になっていたはずで、やって来たかったのですがなかなか来れずにいたものです。
Dscn4712

当時の崩落現場状況、2014/5/16に撮影、天川村へツーリングに行っての帰路、久々に旧R309を走ってみっか、とやって来て出くわしたもの、
画像右側は徒歩であれば問題なく、バイクはなんとか通れたようでしたが、
20140516_dscn3354

2016/7/28、5:45、笠木トンネル北側、旧道と旧旧道との分岐地点、ここから出発です。
Dscn4714

相変わらずの所もあれば、法面が復旧された所も、
Dscn4715

復旧された法面の上に古道があります、
Dscn4716

5:55、笠木峠に到着、大正時代の車道の建設で峠の古道部分が寸断されています。
左方向は栃ヶ山方面、右方向は弘法トレイル方面、左方面はまだ歩いたことがないのでいずれ歩きたいのですが、
Dscn4719

黒滝村の設置看板、昔は説得力がないなぁ、と思っていたのですが、
(廃道だから車はおろか、歩けないじゃないの、と)、
Dscn4720

6:00、昔はこのヘアピンカーブまではなんとか来れたのですが、これ以降が悲惨な状況で、
Dscn4721

復旧されてますので、私の腕でCRFでなんとか通れましたので、オフ車であれば通行は可能です。(CRF250Lはオフ車の格好をしたオンロードバイクなのできついガレ場はちょっと........要するに腕次第です、(;´Д`))
Dscn4723

錆付いたガードレールがなんとも................50年も経てばこうなりますな、
Dscn4724

あとちょっとですが、ここがなんとも...........
Dscn4725

6:10、なんとか川合トンネル手前の分岐地点に到着、場所的に一部ちょっと、(;´Д`)
上手い乗り手であればどうということはないのですが、
Dscn4726

R309旧旧道に関してはこちらのサイトに詳細が載せられています。
復旧していたのがわかったのは、2015/5/30にこちら方面にツーリングでやった来た際のことで、新笠木トンネルを抜けて、ちょっと旧R309へ行ってみるかと川合トンネル手前まで来た際に、あれれ、復旧されとるわ、と発見したものです。
その時は、取りあえず歩けるのなら山行に使えるなぁ、と歩いてみたので、バイクで走ることはあまり頭になかったです。
笠木トンネル北側の車道崩落の影響で、笠木峠横の林業作業場所への資材の運搬等に支障が出るため、南側の廃道状態を使えるようにしたものだと思うのですが、
旧道オタの人にとっては(・∀・)な状態と思います。

« 林道白馬線から八幡谷_P1148_三角点探訪(30) | トップページ | 虻峠から松葉山_P1091_みたらい遊歩道_虻峠<その1> »

旧道」カテゴリの記事

林道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/63981009

この記事へのトラックバック一覧です: 黒滝村、R309旧旧道を走行してみた、(´Д`):

« 林道白馬線から八幡谷_P1148_三角点探訪(30) | トップページ | 虻峠から松葉山_P1091_みたらい遊歩道_虻峠<その1> »