最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 高野町下湯川にある后ノ浦、三角点探訪(25) | トップページ | 三郷町立野南から三室山、龍田古道をちょっと歩いてみる »

2016年6月 5日 (日)

高野町湯川辻北にある水飲、三角点探訪(26)

下記が探訪ルートになります。
総距離:0.61km
合計時間:17分59秒
平均速度:3.23km/時
Mizunomi

2016/6/2、11:13、最初地形図を見ますと、法面はたぶんモルタル吹付けで入山は厳しいだろうなぁ、と思っていたのですが、現地に来てみると案の定、厳しい状況が目の前にずーっと続いてます。
ここを攀じ登るのは阿呆なので、取り合えずバイクを置いてどこかに取付き地点がないものかと左方向に進みますと、
Dscn3947

11:18、やっぱりありました。
明らかにここから向かっているのであろう、取り付き地点が...........右側にリボンも、
三角点ハンター諸氏の飽くなき探訪根性と申しましょうか、感心しますわ。
Dscn3948

入山しますと、三角点方向に小道が続きます。
途中笹ブッシュの所もありますが、踏後は厚いです。
Dscn3949

Dscn3950

11:23、三角点、水飲のあるピーク地点、
Dscn3952

P824.1、三等三角点、水飲、これも明治の頃に設置されてからそのままの様です。
水飲の名前の由来は一体................?
Dscn3955

高野山、南大門
いつもこの前を通ってR480→R370で帰るのですが、誰もいないので慌てて戻って撮影したものです。
土日祝は当然ながら、平日もこの場所は観光客が多数いて、早朝はともかく昼間誰もいないのは非常に珍しく、こんなこともあるもんだなぁ、と、
撮影場所は九度山から高野山への町石道のある所、町石道は長距離で通しで歩くとすご~く大変です。
Dscn3957

今日もラーツーの用意をして来たのですが、適当な場所が見つからず(大門以降のR480にはベンチがあるのですが)、ラーツーは止めて南側のバイパスを通って高野龍神スカイラインの分岐からぐるっと廻って、高野町のファミマで大勢の外人さんを見ながらコーヒーを飲んで一息入れる、といういつもの定番パターンになってしまいました。
今日はいつもに比べて観光客が少なかったように感じたのですが、大河ドラマの関係で九度山への観光客が多いせいでしょうかね。
帰路で立寄った道の駅柿の郷くどやまも平日にも関わらず観光客で一杯でした。
九度山は六文銭の旗が町中一杯です。
この方がのんびりしててこちらは気楽に走れますが。

« 高野町下湯川にある后ノ浦、三角点探訪(25) | トップページ | 三郷町立野南から三室山、龍田古道をちょっと歩いてみる »

三角点探訪」カテゴリの記事

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/63730537

この記事へのトラックバック一覧です: 高野町湯川辻北にある水飲、三角点探訪(26):

« 高野町下湯川にある后ノ浦、三角点探訪(25) | トップページ | 三郷町立野南から三室山、龍田古道をちょっと歩いてみる »