最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その1> | トップページ | 近鉄竜田川駅から十三街道_経ケ塚_峯池_明心_福貴畑、三角点探訪(15) »

2016年3月24日 (木)

南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その2>

三角点、三ツ石に向かうため、破線道の取り付きに進みます。
最初の破線道への近道、現在は林道となっていますが途中までで、目的の破線道まであと20m~30mぐらいで終わっており、酷いイバラのため撤退です。
Dscn2703

9:08:本来の破線道の取り付き場所、見えにくいですが奥にテープが巻かれそれなりに利用されているようで、もしだめならば林道を歩くつもりでした。
Dscn2706

倒木等は適当にあるのですが、非常に歩きやすく、かなりの年月の間利用されてきたように感じまして、これも古道のような感じがします。
河内長野からの岩湧街道はとち谷、ダイトレの五ツ辻を経由した後は山田川の西側、札ノ辻を経由して高野口町へ向かうので、それと平行する三石山を経由する街道だったのかも、
もしくは、三石山への古~い登山道かもしれません。
(テープは適宜巻かれていましたが案内板等はなし)
Dscn2709

Dscn2710

Dscn2716

9:34、P616先にある破線道の分岐地点、直進方向にテープが巻かれています。
Dscn2717

再度三石山林道に合流します。
Dscn2721

三石山林道は右側の未舗装路ですが、合流地点からすぐの所にどなたかがリボンで三角点地点の表示をしてくれています。
Dscn2728_2

9:24、P439.8、四等三角点、三ツ石、車道すぐ横にあります。
Dscn2727

三角点位置からすぐ先のヘアピンカーブにある破線道取付き地点、林道により一部破線道が消失しています。
Dscn2729

せっかくなので、P443に立寄ってみます。
Dscn2731

10:01、P443地点、特に山名板はなく、この後破線道に降りるのが羊歯ブッシュ等でめんどくさかったりします。
Dscn2732

作業小屋を過ぎてしばらく進みますと周りが明るくなります。
Dscn2733

Dscn2734

左への車道を進むとかなりの遠回りになるため、墓地の中への小道(破線道)を使ってショートカットします。
Dscn2736

10:23、集落近くの車道に到着、せっかくなので菖蒲谷地区にある三角点、赤沢に向かいます。
Dscn2738

11:05、池横にある三角点、赤沢近くに到着、地図をよく見ていなかったのでてっきり前方の小山にあるもんだと思ったのですが、
Dscn2742

P195.6、四等三角点、赤沢、作業道横に三角点が設置、周りはコンクリートで保護されており、草と土で完全に隠れていたので、三角点標柱がなければ見つけるのに相当時間がかかったかも、
Dscn2747

11:31、車道をてくてく歩いて、南海御幸辻駅に到着、山行終了、高架の立派な駅なのですが、駅員不在のため侘しい雰囲気で残念です。
Dscn2752

冷谷ルートについてはそんなにwebで記録がないのですが、沢沿いのルートとはいえ普通の登山靴で歩けるのは判っていたので(晴れの日に限りますが)、久しぶりに三石山に向かうのに利用してみたのです。
南側のルートはまたいずれ歩いてみたいと思います。
山頂以外の三角点は結構手こずることが多く、観石万歩HPの管理人氏も三角点を見つけるのに「除草するのに30分かかりました」等のコメントが結構あるので、小さなスコップぐらいは持参したほうがいいかもしれませんわ。
最近の酷い藪漕ぎに懲りて(前回、額に枝がヒットしてちょっと負傷)、ゴーグルは持参したのですが。(;´Д`)

« 南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その1> | トップページ | 近鉄竜田川駅から十三街道_経ケ塚_峯池_明心_福貴畑、三角点探訪(15) »

和歌山県」カテゴリの記事

金剛山系」カテゴリの記事

コメント

ryokutyaさん、こんばんは。
三石山には杉村公園から歩いた位ですが、改めてみるとこの山の周辺には破線道が多くあって幾通りものルートが楽しめそうに思います。
しかし、今回の藪漕ぎも大変だったようで。
跳ね返ってくる枝には要注意ですね。額の負傷ならまだしも、目だけはシャレになりませんから。

たばおさん、こんばんは。

三石山へは過去に林道ツーリングの途中と、普通に高山林道から登って杉村公園へ降りるルートで赴いたことがありますが、一度は冷谷ルートで登ってみたいと思っていたので歩いてみたのです。

>破線道が多くあって幾通りものルートが楽しめそうに思います。
そのようですね。地形図を見ると破線道が多くて、実は破線道以外にもルートがありそうな山域のような、しかしながら林道建設で消失した道も結構ありそうな。
今回の破線道も非常に歩きやすくて(あくまでマイナールートとしてはですが)過去のエアリアマップにも登山道の記載がないのが不思議です。
ほぼ独立峰で目立つので昔よりあっちこっちから登られていたのかもしれません。

最近は事前の予想以上に藪と倒木に苦労するルートが多かったもので、特に倒木の枝に難儀してましたので、ゴーグルを持参です。
まぁ、私はメガネを使っているのでいきなり目をやられることはないと思うのですけど、備えあればなんとやらですわ。(;^ω^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/63390495

この記事へのトラックバック一覧です: 南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その2>:

« 南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その1> | トップページ | 近鉄竜田川駅から十三街道_経ケ塚_峯池_明心_福貴畑、三角点探訪(15) »