最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 榛原町榛原下井足の西峠、三角点探訪(14) | トップページ | 南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その2> »

2016年3月24日 (木)

南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その1>

下記が山行ルートになります。
総距離:10.77km
合計時間:4時間43分58秒
平均速度:4.05km/時
Mitsuishiyama01

冷谷の北側ルートになります。
進めば進む程、これでいいのかなぁ、と感じたのですが、沢が林道すぐそばまで続いていて意外と判りやすいルートですが(晴れていれば普通の登山靴で大丈夫です)、道は結構荒れています。
Mitsuishiyama02

2016/3/24、6:46、南海紀見峠駅から山行開始です。
Dscn2651

6:52、高山林道ルート(三石山→、高山森林公園経由)との分岐地点、冷谷林道を直進、←危険、の看板も(一般ルートではないので危険と言えば危険です)
Dscn2653

最初はそうでもないですが、進めば進む程荒れていきます。
Dscn2659

7:27、冷谷ルート、北側ルートと南側ルートの分岐地点(左側に林道標柱有り)、南側ルートは現行の山と高原地図では薄く破線道の記載があります。
Dscn2663

舗装林道ですが、分岐地点からも進めば進む程荒れていきます。
Dscn2667

7:40、林道終点地点、林道標柱に「三石山へは危険、滑落、迷う、上級者コースです」との看板、いきなりこの状況なので、たしかに非常に歩きにくいルートです。
Dscn2669

Dscn2670

歩きにくいこと甚だしいルートですが、それなりに歩行者がいるようでよく見ると踏後は割とはっきりしているような、林道終点と同じ太い黄色と黒の二重テープの位置から高山林道まで他にテープはなかったような、多少疑心暗鬼になりました。
Dscn2671

Dscn2678

とにかく沢に沿って進めば間違いはないルートです。
Dscn2680

沢が枯れている所、この先を直進すれば高山林道に出ます。
Dscn2681

8:22、高山林道に出た所、冷谷林道終点標柱に巻かれていた黄色と黒のテープがあります。
Dscn2684

8:24、林道を進んで横尾辻に到着、左に進んですぐを右に入り三石山への登山道に入りますが、昔のエアリアマップではもう少し先の三石山林道との分岐地点が横尾辻となっています。
Dscn2686

三石山への登りに入りますが、この手前にCD-ROMを利用した案内板(三石山へ30分)があります。(この後、20分、10分も)
Dscn2688

8:39、三石山頂上手前にある、杉村公園(御幸辻駅)への分岐地点、
Dscn2694

8:42、三石山頂上に到着、平素は林業関係者の作業場となっているのでは、
Dscn2696

P738.4、三等三角点、菖蒲谷、
Dscn2699

8:55、三石山から岩湧山方面(三石山林道側)に進み、もともとの破線道はまっすぐですが、うっかりして未確認です。
Dscn2701

三石山林道を進んで、後ほど破線道を利用して三角点、三ツ石に向かいます。
Dscn2702

その2に続きます。

« 榛原町榛原下井足の西峠、三角点探訪(14) | トップページ | 南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その2> »

和歌山県」カテゴリの記事

金剛山系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/63389820

この記事へのトラックバック一覧です: 南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その1>:

« 榛原町榛原下井足の西峠、三角点探訪(14) | トップページ | 南海紀見峠駅から冷谷_三石山_三ツ石_赤沢<その2> »