最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その1> | トップページ | 近鉄長谷寺駅から岳山_雨師_西峠<その1> »

2016年3月10日 (木)

南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その2>

分岐地点から南側の破線道を進みますが、はっきりしない所が多々あるため変な所を歩いたりします。
テープが張られている所もあるのですが、GPSを見ながらほとんど小道、斜面を歩いて北側の合流地点まで進みます。
9:26、途中にある、P508地点
Dscn2488

北側の破線道に合流後は綺麗な登山道を進みます。
Dscn2493

この辺りが三角点、国城の直下地点、斜面を攀じ登っているような場所があるのでここから向かってみます。
Dscn2495

9:46、三角点、国城のあるピークに到着、
Dscn2497

P482.3、四等三角点、国城、三角点名板が貼り付けられていました。
たま~に見かける名板です。
Dscn2499

Dscn2502

登山道を進み、国城山へ、「山頂まで150m、サンライズまで265m」
Dscn2509

10:06、P562、国城山頂上、相変わらずのススキだらけです。
Dscn2512

Dscn2513

頂上東側にある展望台、看板にあったサンライズという所かも、
Dscn2515

最後の目的地、伝道坊に向かいます。
古道の辻地点で、右に下っていくのが黒河道(高野参詣道)、左方面(丹生、高野下駅)に進みます。
Dscn2522

杣道の取り付きから攀じ登ったのですが、もっと先に取り付ける所がありました。
尾根道へ細い小道を使ってジグザクに攀じ登りましたがそれなりに大変でした。
Dscn2524

尾根道は歩かれているようで、三角点まで多少倒木がある程度で歩きやすいです。
Dscn2526

10:39、三角点、伝道坊のあるピークに到着、
Dscn2529

P527.6、二等三角点、伝道坊、
Dscn2532

Dscn2534

途中、分岐っぽい所から歩きやすそうな下りがあり、地形図を見るとどうも林道まで最短のルートっぽいので進んでみました。
Dscn2537

10:58、林道に着地する直前はちょっとブッシュでしたが、割合すんなり林道まで戻れました。
切り株に25番のプレートがあります。
この後は紀伊清水駅まで車道をひたすら歩きますが、黒河道を使って戻ることは全然頭になかったです。メジャーな古道にあまり興味がない私、orz
Dscn2540

11:53、紀伊清水駅に到着、山行終了、西畑地区に四等三角点、西畑があるのですが、分岐地点で水道工事のため道路通行止で通れなかったので、迂回して進むのもめんどくさいので止めました。
Dscn2546

今日は歩行総距離の約2/3は車道ではないかと思います。
そうはいってもほとんど林道、農道で、街中の道ではないのであまり鬱陶しくはないのが幸いです。
林道をバイクでとことこ走るのが割と好きなもので、以前、ツーリングで国城神社下まで来たことがありますので今回は国城神社はスルーでした。
しかし、柿畑の為か、東西に渡り農道があまりにも多く網の目のようで、地形図を見てルートを考えておりますと目がつらいです。

« 南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その1> | トップページ | 近鉄長谷寺駅から岳山_雨師_西峠<その1> »

三角点探訪」カテゴリの記事

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/63326581

この記事へのトラックバック一覧です: 南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その2>:

« 南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その1> | トップページ | 近鉄長谷寺駅から岳山_雨師_西峠<その1> »