最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 御所市巨勢山口神社から西尾、三角点探訪(12) | トップページ | 南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その2> »

2016年3月10日 (木)

南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その1>

下記が山行、三角点探訪ルートになります。
総距離:12.97km
合計時間:4時間44分46秒
平均速度:4.29km/時
Kunikiyama

2016/3/10、7:07、南海学文路駅から山行開始、駅近くには学門の神様として菅原道真公をお祀りした学文路天満宮があり、南海電鉄は受験生へのお守りとして入場券を特定期間に販売しており内容等は南海電鉄のHPに記載されています。
Dscn2442

車道を歩いて、取り合えず三角点、茂原に、分岐地点には、←国城神社等の案内板が設置されています。
Dscn2445

ここから農道を歩いて茂原に向います、左側下には建設中の立派な道路があるのですが、地形図との整合がまだとれていません。
高野町のバイパス等のような道はすぐ合わせるようですが、林道等は数年に渡りほったらかしもよくあります。
Dscn2452

前方が三角点、茂原のあるピーク、実は左側にもピークがあり、GPSをよく見ないでそちらに進んでて無駄な藪漕ぎを、orz、マイナーな三角点は行き難い所にあると変な思い込みです。
Dscn2456

7:56、P218.9、四等三角点、茂原、後方は金剛山系です。
Dscn2458

車道を進みますが、やたら分岐が多く行き過ぎることも多く、ここも最初は華麗にスルー、ここまでは車で来れますが、この後は細い林道なのでオフ車でないと車両は厳しいです。

Dscn2462

斜面に踏後があり、林道から攀じ登りショートカットしますが、林道を真っ直ぐ進んでも問題ないのに変に地図を読み損なって混乱しつつ進みます。
Dscn2464

農道を進み、なんとか地形図の破線道との分岐に到着、ここから登山道です。
Dscn2466

8:31、この辺りに(破線道上orその周辺)三角点、北学文路があるはずなのですが三角点、標柱とも発見できません。
基準点成果等閲覧では正常なのですが、GPSの軌跡を見ると三角点の上を通過しているようで、地中に埋もれているのかも、
Dscn2467

破線道を進みますが、ここで手製の案内板を(学文路駅→)発見、いつもの山友会のものです。
Dscn2471

8:48、最初の分岐地点、左が国城山方面、三角点、学文路に向かうため右に、ここでも案内板が二つ、「学文路駅→、3.6km」の表示です。
Dscn2474

次の破線道の辻地点、右に、破線道(登山道部分)は歩きやすく、植林帯があるため杣道としても利用されているようです。
Dscn2476

Dscn2477

ここで赤テープを見つけ、左斜面を進みますが破線道は右に下って行きます。
Dscn2480

三角点、学文路のあるピーク、
Dscn2483

9:05、P466.3、三等三角点、学文路、
Dscn2486

分岐地点に戻り、今度は三角点、国城に向かいますが、左方向に戻って普通に行けばいいのに、直進して苦労します。
Dscn2487

その2に続きます。

« 御所市巨勢山口神社から西尾、三角点探訪(12) | トップページ | 南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その2> »

三角点探訪」カテゴリの記事

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/63325741

この記事へのトラックバック一覧です: 南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その1>:

« 御所市巨勢山口神社から西尾、三角点探訪(12) | トップページ | 南海学文路駅から茂原_学文路_国城_国城山_伝道坊、三角点探訪(13)<その2> »