最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 土仏峠から上朽仏山_葛城第五経塚_東屋峰<その1> | トップページ | 南海、鳥取ノ荘駅から三升五合、三角点探訪(07) »

2016年1月22日 (金)

土仏峠から上朽仏山_葛城第五経塚_東屋峰<その2>

12:01、東屋峰に向かう前、せっかくなので三角点、西山田(P316.9)に向かってみますが、
Dscn1670

ひどい茨で入った途端に顔を複数箇所引っ掻きまして、ウェアーもたぶんぼろぼろになると思い、あっさり断念。
Dscn1672

12:15、林道分岐から50m程の所に攀じ登っている場所があり、ここから入山し上の尾根まで攀じ登ります。
Dscn1668

尾根道がそれなりにはっきりしており、赤テープ(大体15m前後ぐらいの間隔)も打たれています。
そうは言っても迷いやすそうな所もありますが、
Dscn1674

12:25、ルートから少し外れてP432に向かってみますが赤テープにP432の記載がなされています。
ここから先、林道へのルートがあるのかもしれません。
Dscn1676

赤テープを追って進みますが多少わかりにくい所も、
Dscn1679

登山道上にでっかいヌタ場が、割りと登山道上でよく見ます。
Dscn1680

Dscn1681

12:39、東屋峰頂上、開けていて隣の三峯山方面が多少見えます。
Dscn1684

P481.9、三等三角点、万蔵谷、明治期に設置されてから一度は交換されているようで綺麗な状態です。
Dscn1685

あまり休憩せずにここまで来たので東屋峰でまったりしたかったのですが、神通バス停のバスダイヤの確認をしますと、13:25でその次が15:25、14時台がなし、orz
13:25にギリギリで昼食もそこそこに出発。
Dscn1689

時計を見ながら割りと早足で、このようなルートで急ぐのもいかがなものかと........
Dscn1691

途中何回か赤テープを見失い間違えかけたのですが、この前ぐらいで見失い真北に向かってルートミスした模様、しょうがないので植林帯の急斜面を降ります。
わかりにくい所が多いです。
Dscn1693

13:15、なんとか下の林道に着地、間伐材も多く急斜面を降りるのに必死で撮影してません。
Dscn1694

Dscn1695

13:22、神通バス停に到着、山行終了、バスが13:26頃の到着なのでなんとか間に合いましたが温泉はなしです、(´・ω・`)
Dscn1696

前回、犬鳴山温泉(山乃湯)に行かなかったので今度は神通温泉に行くべし、と予定を立てたのですが、当初愛宕山は予定に入れておらず、三角点、西山田に向かったのが最後のドタバタの原因のようで。
15:25のバスまで入浴時間を差し引いても1時間30分ぐらいの時間を潰すのは........
パソコンならこれぐらいの時間なら弄れますが、スマホを弄り続けるのは苦手なもので、はい
まぁ、ここは割と来やすいのでツーリングがらみでもまた来ればいいわけで............(・∀・)
東屋峰前後のルートは難しいですね、ベテランがテープを貼り付けてくれているおかげ(+GPS)で歩けたようなもので、感謝しないといかんですね。

« 土仏峠から上朽仏山_葛城第五経塚_東屋峰<その1> | トップページ | 南海、鳥取ノ荘駅から三升五合、三角点探訪(07) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

ryokutyaさんこんばんは。今回は和歌山側から行かれたんですね。
藪のせいでひっかきキズなどかなり出来たんではないでしょうか。
私はここを歩いた日、お風呂でキズがしみて大変でしたよ。
こないだ行ったときは東屋峰の辺りでは幾度となく迷いそうになり、
スマホの地図画面とにらめっこ状態でしたし。

たばおさん、おはようございます。
以前は逆ルートで行ってみようかと思っていたのですが(たばおさんの逆コースです)、林道を最後にそれなりの距離を歩くのはさすがにげんなりするかな、と思いまして、万燈山がらみにしてみたのです。
私も同じく、ブッシュであちこち引っ掻き傷を受けましたわ。旧土仏峠に行くまでがすごいですよね。
三角点、西山田の手前では悲惨な状況になりそうでした。北側から行けばよかったような。

>東屋峰の辺りでは幾度となく迷いそうになり
同じですね~、何度もテープを見失い、迷いましたわ。
挙句の果てに植林帯の急斜面を下りる羽目になり、林道に降りたときは、ほっとするより、がっくりでした。
しかし、色々と他にルートがあるようですね。第五経塚手前の鞍部にも北側に向かう案内板がありましたし。
旧土仏峠から南側にも古道があるようですし、やっぱり面白い山域ですね。

はじめまして。

私も同じ頃に神通側から東屋峰経由で第5経塚に、さらに根来寺に参拝しました。
ご多忙に漏れず東屋峰で迷って誤って稼動中の採石場に降りてしまい、
従業員の方に平謝りしておまけに土仏林道への道まで教えてもらいました。

旧土仏峠から南側に走る古道は違法なくくり罠が多数さびさびで放置されて
居ますのでご注意ください。足元はがっちりガードしてたので
無傷でしたが何度も引っかかりました!

経塚めぐってる人さん、おはようございます。

>稼動中の採石場に降りてしまい、
東側の所ですね、一応採石場ばあるのはわかっていたので注意はしました。
稼働中の現場に行ってしまったら怖いですね~

>違法なくくり罠が多数さびさびで放置されて
問題ですね~、きちんとわな猟の免許を取得されている狩猟者は設置場所の近くに案内板
を設置されているのでいいのですが、厄介ですね、違法なくくり罠は藪漕ぎの敵ですね

>無傷でしたが何度も引っかかりました!
私の場合、そうはいかないような気がしますわ。気をつけましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/63101504

この記事へのトラックバック一覧です: 土仏峠から上朽仏山_葛城第五経塚_東屋峰<その2>:

« 土仏峠から上朽仏山_葛城第五経塚_東屋峰<その1> | トップページ | 南海、鳥取ノ荘駅から三升五合、三角点探訪(07) »