最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 和歌公園バス停横から権現山_天神山_章魚頭姿(たこずし)山 | トップページ | 岸和田市大沢町の城岡_春木川、三角点探訪(01)、<その1> »

2015年12月26日 (土)

あしべ橋横から妹背山

章魚頭姿山からの帰路、県道151号線横にある妹背山に立寄ってみました。
前の記事で簡単に全体画像だけ載せたのですが、登山口等の質問を受けたので追記してみます。
Imoseyama

橋を渡った所にある案内板によりますと、
「妹背山は周囲250m程の小島で、西側に砂岩製高欄付きの三断橋が架けられている。この橋は、和歌山県最古の石橋で、紀州藩初代徳川頼宣が妹背山を整備した慶安4年(1651)頃までに建設された。中国の景勝地である抗州西湖の六橋の面影があるといわれ、独特の意匠・構造を持つ。欄干、敷石、橋桁、橋脚は何度か補修されているが、橋の原形は崩れることなく今日まで継承されている。」
との説明がされています。
和歌山県最古の石橋というのがなかなかいいです。
Dscn1080

島裏側にある、海禅院多宝塔(和歌山県指定文化財)
Dscn1083

多宝塔の横に登山口、というかここから頂上はすぐです。
Dscn1085

12:16、妹背山頂上です。
正面からの踏後らしき後がありますが標高14mですし、普通に登ったほうがいいような...........
Dscn1087

島の裏側にある、観海閣
三断橋と同じく慶安4年(1651)頃までに、紀州藩初代徳川頼宣により建造された、と案内板に説明があります。
元は木造瓦葺きですが、現在は鉄筋コンクリート造りです。
Dscn1090

妹背山の立寄った後はJR紀三井寺駅に向かい山行は終了です。
Dscn1097

ほとんどおまけで立寄ったのですが、意外にも歴史的文化財のある小島でした。
さすがは御三家というところでしょうか。

« 和歌公園バス停横から権現山_天神山_章魚頭姿(たこずし)山 | トップページ | 岸和田市大沢町の城岡_春木川、三角点探訪(01)、<その1> »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

妹背山の詳細ありがとうございます。
山に行くまでに石橋を渡ったりとか多宝塔や観海閣なんかあって、なかなか見どころが多いですね。
じっくりこの周辺を散策してみるのも面白そうです。

たばおさん、こんばんは。
妹背山は山といえば山なんでしょうけど、全体が文化財といった感じですね。多宝塔も頼宣公が関わっていますし、和歌山最古の石橋というのはご存知の人は少ないのでは。
和歌浦は昔に比べてちょっと寂れてしまった感がしますが、散策するにいいかもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602170/62942718

この記事へのトラックバック一覧です: あしべ橋横から妹背山:

« 和歌公園バス停横から権現山_天神山_章魚頭姿(たこずし)山 | トップページ | 岸和田市大沢町の城岡_春木川、三角点探訪(01)、<その1> »