最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

2017年10月16日 (月)

下市町、平原地区のハゲ山、三角点探訪(126)

下記が三角点探訪ルートになります。
総距離:0.40km
合計時間:16分59秒
平均速度:4.44km/時
20171012_05

2017/10/12、11:40、県道20号線から137号線に、下市町と西吉野町の境界沿いの小道を入り(まむし注意の看板が嫌な感じ)、柿畑に入る小道入口から三角点探訪です、設置場所へはちょっとそこまで、
Dscn4198

柿畑の小道をしばらく進んで、
Dscn4200

11:51、三角点、ハゲ山の設置場所に到着、道路中央の終点位置に設置されていて見た所上部を土に覆われているようです、
Dscn4204

P418.9、四等三角点、ハゲ山、近くにあった小枝等を使って土を掃い、なんとか三角点上部が見えるまでに、直近に誰も訪れていないようで、
Dscn4207

11:57、出発地点に戻って探訪終了、
Dscn4209

点名がちょっと(´・ω・`)なので訪れたのですが、いくらなんでもあんまりですな、
基準点成果等閲覧で詳細を見た時、なにかの間違いではないのか、と思いましたが点の記を見ますとしっかり点名のふりがなが「はげやま」、某国会議員の騒動とは何の関係もないですがちょっと気の毒です、(;´Д`)、
これが四等でなく一等から三等ならば訪れる人もいるのでしょうが、土に深く覆われている所を見ると地権者ですら三角点のことは忘却の彼方のようです、どういう根拠でこのような名称になったのか、?

2017年10月15日 (日)

下市町、栃本地区の広橋峠、三角点探訪(125)

三角点、広橋峠の位置になります。
20171012_04

2017/10/12、11:13、下市町栃本地区、R309から梨子堂方面に向う車道を100m程入った所、階段を上り少し進んだ所に三角点、広橋峠があります、
Dscn4191

三角点、広橋峠の設置場所、三角点の一部がなんとか見えていたので撮影時少し葉っぱを掃いました、栗も多いです、
Dscn4192

P392.9、四等三角点、広橋峠、実際の広橋峠からは離れていますが、
Dscn4195

R309のすぐそばということで立寄ってみたのです、三角点の周りは栗の実だらけで(中身はなし)、迂闊に払い除けると棘でちょいと難儀しましたです、加えて何故か三角点の周りをびっしり石で固められており、三角点によって何故こんなに状況が違うのか、(・∀・)

黒滝村、粟飯谷地区の粟飯谷、三角点探訪(124)

下記が三角点探訪ルートになります。
総距離:1.13km
合計時間:24分52秒
平均速度:3.56km/時
20171012_03

2017/10/12、10:01、三角点、粟飯谷へ向う山道の取付き地点、ここから探訪開始ですが点の記によると自動車到達地点がここから550m登った所とのこと、三角点は電力線鉄塔の手前に設置されているので関電道でもあるようです、少し歩いて車道の状況を見たのですがバイクで向うには厳しい状況、歩くことに、
Dscn4164

とてもじゃないですが、私の腕でCRFでは無理な車道の状況、
Dscn4167

ますます無理な状況、(;´Д`)、トリッカーならばなんとか行けるのだろうか、けど下りが、
Dscn4168

途中、車道から北側に見えるは堂髑山
Dscn4170

北西方向には法者峠、
Dscn4172

10:12、舗装林道終点地点、たぶんここが自動車到達地点だと思われます、
Dscn4175

10:15、少し歩いて三角点、粟飯谷の設置場所に到着、相変わらず面妖な位置に、
Dscn4177

P548.6、四等三角点、粟飯谷、なんでここなのだろうか、と、
Dscn4180

後は往路を戻るだけ、やっぱりバイクでは無理な路面状況で、たぶんずるずる滑ってえらいことになるような、
Dscn4184

10:27、出発地点に戻って探訪終了です、
Dscn4186

法者峠からの山行の途中に立寄る予定だったのですが、古道探索であれやこれや考えている内に忘れてしまい別途探訪するはめに、(;´Д`)、
点の記によると自動車到達地点から三角点への徒歩時間が約1分(50m)とのことで使用した車両が一体なんなのか、車道の状況からしてジムニー以外では考えられないですが、まさか、軽トラ?、( ; ゜Д゜)

2017年10月14日 (土)

下市町、法者トンネル横から法者峠、地蔵峠、堂髑山<その2>

山行ルート詳細になります。
20171012_02

8:32、三角点、地蔵峠を過ぎてしばらく進むとハイキングコース(左方向)、北に向う破線道(右方向)との分岐地点、堂髑山は直進、尾根を登って行きます、
Dscn4117

8:36、尾根道を進むと林道との合流地点、右方向の林道はどこに向うのか?、しばらくは林道を進んで再度尾根道に入ります、
Dscn4119

8:44、北に向う破線道との分岐地点、破線道は林道化しているようです、
Dscn4123

8:48、堂髑山頂上に到着、頂上から北側に少し進んで見ると破線道の位置が林道に変わっているのが確認できます、
Dscn4126

P721.8、三等三角点、高塚1、点の記によると自動車の到達地点は下市町の清水地区内町道終点、てっきり県道48号線の地蔵峠の方だと思ってました、歩道状況は山道(幅1.0m)、徒歩時間は約20分(約1km)、20分では無理なような、
Dscn4128

山名板も賑やかで計5枚、堂髑山は漢字、カタカナ、ひらがな、宝来の鈴さんの板も、
Dscn4132

Dscn4131

8:58、堂髑山西側の鉄塔の所から北側の眺望、唯一の眺望が得られる所です、ここから少し進んだ所が関電道の分岐地点なので粟飯谷地区(たぶんハイキングルートか)から関電道を利用するルートがあるかもしれません、たぶん北側からも、
Dscn4135

Dscn4138

9:04、ルートミスした所、直進ですが左方向にはっきりした杣道、釣られて進みますが激↓なので間違えたのがすぐにわかり戻ります、直進はブッシュなので右側を回り込むよう進むと、
Dscn4140

北側に回り込むとしっかりとした道が、これが破線道なのか作業道なのかよくわからんのですが進んで行きますと、
Dscn4141

最初は尾根を巻いて行くのかと思っていましたら微妙に↓するような感じで林業小屋の前を通過、作業道であることが判ります、
Dscn4144

9:14、この手前ぐらいで作業車の轍もあり明らかに下って北側に進むようなので左方向の尾根に攀じ登ります、いつもの得意技であります、(´・ω・`)
Dscn4145

尾根道に戻ると別段問題なくそのまま進むだけ、
Dscn4149

9:28、モノレールの所まで来ると後はこれに沿って進めば法者峠に到達するのは判りますが、右方向を見ると明らかな道が、GPSを見ますと地形図の実線道に向っているようなのでだめもとで進んでみますと、
Dscn4152

整備されたしっかりとした道、左側下には民家が見えています、
Dscn4153

9:30、分岐地点、ここを左に進むと実線道に到達、右方向にも道が続いていましてまさか先ほどの作業道に続いていたりして、( ゚д゚)、なんとも言えませんが、
Dscn4155

9:31、地形図の実線道に到着、後はそのまま分岐地点まで戻ります、
Dscn4157

法者峠に向う分岐地点手前にある水場と小さなお地蔵様、法者峠を飛ばして堂髑山方面に向う古道だったのかも、
Dscn4158

9:34、法者峠への林道分岐地点に到着、往路をそのまま出発地点まで、
Dscn4159

9:41、出発地点に戻って山行終了、当初の予定と所々変わりましたがなかなか面白かったです、(・∀・)
Dscn4162

法者峠を越える古道を通過した後トンネル東側に上って車道を進んだのですが、下の広場まで来た時、ちょいと早計すぎたなぁ、と(´Д`)、東屋を過ぎた後も車道横を外れて粟飯谷に下って行くような小道がありましたので、こちらも古道だったのかも、(´Д`)、色々と考えるもんですから三角点、粟飯谷のことが忘却の彼方へ、(´・ω・`)、まぁ、山行後に向ったのでいいのですが、
法者峠手前の分岐が無ければ法者峠から南側に進んで三角点、広橋に向うつもりでしたがこれはまた別の機会に、しかし何故にラーツーの用意をしていない時に限ってしっかりとした東屋に遭遇するのか、(´・ω・`)、

下市町、法者トンネル横から法者峠、地蔵峠、堂髑山<その1>

下記が山行ルートになります。
総距離:6.99km
合計時間:2時間37分30秒
平均速度:3.45km/時
20171012_01

1993年発行のエアリアマップ(大峰山脈)、現行版には記載がありませんが漢字では「堂髑山」、なかなかインパクトがありますが、現地の山頂での山名版には、「どうとこやま」というのもあります、
Dscn4211

2017/10/12、6:43、旧R309の庄屋辻、路線バスはここを通行してます、右方向が法者峠への古道、
Dscn4066

道標が設置されています、
Dscn4069

Dscn4070

7:04、庄屋辻から法者トンネルへ、法者トンネル西側から左方向への車道を歩いて法者峠へ向いますが地形図に記載がなく、もともとの古道は画像後方にある地形図の実線道かもしれません、
Dscn4071

車道突き当たりに山道と思しき道が、地形図の実線道に向っています、
Dscn4074

7:14、法者峠への分岐地点、作業道として使われているようで作業車が通行できる幅広の未舗装林道となっています、
Dscn4077

7:21、法者峠に到着、堂髑山方面は左手の赤テープに沿って(モノレール沿い)進みますが、正面方向が粟飯谷方面の古道、
Dscn4080

現在は作業道のようですが幅広の道を下って行きます、
Dscn4082

Dscn4085

トンネル横の階段から上の村道に上がりますが古道はこの先も続いているような、ここで登ったのは早計だったやも、(;´Д`)
Dscn4087

7:34、法者トンネル東側(黒滝村)、下に降りる階段は石碑の左側に、
Dscn4088

村道を下って行きますと作業広場に、奥の川沿いにピンクのリボンが見えましたのでたぶん古道はこの辺りまで続いていたような気がしましてちょっと、(´・ω・`)、だめもとで歩けばよかた、
Dscn4091

しばらく歩くと東屋が、再度(´・ω・`)、この車道を通行するのは4年振りぐらいなのですが、東屋の記憶なんざありません、こういう時に限ってラーツーの用意を(以下略、
Dscn4092

県道48号線の地蔵峠からのハイキングコース(左方向)の分岐地点、案内板の位置が右側に、地蔵峠(鳥住):2.4km、鳳凰寺:4.0km、吉野山金峯神社:7.6km、この後三角点、粟飯谷のことを忘れ去り、思い出した時は寺戸方面との分岐地点先、またもや(´・ω・`)、
Dscn4094

8:00、寺戸方面との分岐地点から先の未舗装林道へ、
Dscn4097

8:09、林道終点、作業車も走行するようで未舗装ながら普通の林道です、木製の橋を渡って左方向に登って行きます、
Dscn4103

尾根道のハイキングコースまで基本的に九十九折の登りが続いていきます、踏後はしっかり、
Dscn4106

8:18、ハイキングコースに到着、ここからは地蔵峠(鳥住):0.7km、鳳凰寺:2.3km、吉野山金峯神社:5.9km、左方向に進みます、
Dscn4107

Dscn4109

8:25、P582.8、四等三角点、地蔵峠の設置場所に到着、害獣ネットの向こう側です、
Dscn4112

その2に続きます。

2017年10月12日 (木)

下市町下市地区の新住、三角点探訪(123)

三角点、新住の設置場所になります、
20171012_00

2017/10/12、6:23、R309から県道20号線を進んで分岐を北に少し進んだ車道横にある三角点、新住の設置場所になります、その隣にはお墓が、
Dscn4058

反対側にはリサイクルセンターがあります、
Dscn4059

お墓の横から少し失礼して、
Dscn4060

P261.6、三等三角点、新住、周りは保護石がしっかり割と綺麗な状態を保っています、
Dscn4065

法者峠、栗飯谷、地蔵峠、堂髑山を周回すべく法者トンネルに向う途中に立寄ってみました、もともとの設置は明治36年で昭和57年に現在地に移転、昔は丘陵地だったのが造成のために移転されたのやもしれません、昔はどこに設置されていたのやら、(゚д゚ ;)

2017年10月 8日 (日)

貝塚市脇浜地区の二色の浜公園、三角点探訪(122)

三角点、二色の浜公園の位置になります、二色浜公園のHPはこちら
20171007_01

2017/10/7、14:10、大阪府道29号線側道にちょいと駐輪、正面の児童遊技場に設置されているようです、
20171007_dscn4048

三角点、二色の浜公園の設置場所、マンホールの中に設置されているようで、
20171007_dscn4056

P4.3、四等三角点、二色の浜公園、窪んだ所があって押してみたのですが( ´Д`)、開けるには専用の工具が必要なようです
20171007_dscn4054

貝塚へ所用がありついでといっては何ですが立寄ってみました、北側の埋立て地にも三角点がありますが時間の都合で今回はここまで、探訪ついでに岸壁でラーツーと洒落こみたいような、(*´ノ∀`*)

2017年10月 7日 (土)

桜井市倉橋地区の倉橋、三角点探訪(121)、+津風呂ダム

下記が三角点探訪ルートになります。
総距離:1.32km
合計時間:30分00秒
平均速度:3.41km/時
20171005_03

2017/10/5、12:45、奈良県道37号線から倉橋神社、下居神社に向う車道に入り、しばらく進んだ所から探訪します、この先バイクでどこまで行けるか不明で点の記でも画像後方の空地までが自動車の到達地点となっています、徒歩時間はここから徒歩15分、300m、
Dscn3984

駐輪位置からしばらく進んで倉橋神社、
Dscn3985

しばらくは舗装林道ですが、未舗装林道に変わります、
Dscn3988

左、直進が下居神社に向いますが、右方向にも林道(古道かも)、途中軽自動車でも無理な狭路部分があり車では無理ですがバイクはここまで来れるようです、
Dscn3989

12:55、下居神社前、位置的には上の神社の西側にあるようなのですが、点の記によると歩道状態が「登り山道、幅2m」となっており、先ほどの北側の林道を使って近くまで行くのかと判断、
Dscn3990

北側の林道に降りて進みますがあらぬ方向に進みだしたので戻ります、
Dscn3991

神社西側の納屋横を覗いてみますと石を積んだ階段がありまして、ここから行くのかと降りて進みます、
Dscn3992

Dscn4004

山道と言えば山道、う~ん、三角点には近づいて行っているようなのですが、
Dscn3993

どんどん怪しくなっていきます、
Dscn3994

笹ブッシュの中、明らかに人が入っている様な踏後、進んでみますと、
Dscn3995

13:07、P215.5、三等三角点、倉橋の設置場所に到着、笹薮の中とは思っておりませんでした、
Dscn3997

やはりここでもこのご両人の.............マメですなぁ、(・∀・)
Dscn4002

帰路途中、倉橋神社前から見える音羽山、
Dscn4006

13:18、駐輪位置に戻って探訪終了です、あっさり到達できるかと思いましたが、
Dscn4007

13:54、翌日も休みという気楽さで県道37号線を南下し津風呂ダムへ、ここもやはり過去幾度となく来訪しているのですが、(´Д`)
Dscn4010

ダム北側には竜門岳が見えます、
Dscn4012

ダムカードを入手、やっと四枚目、(;´Д`)、
Dscn4016

Dscn4018

点の記を見ますとあっさりと到達できるかと思ったのですが、そう思う場所に限ってルートがややこしいものでしかも笹薮、(;´Д`)、点の記の要図には三角点の周り、北側にスギ5.5m、南側にヒノキ8.9m、北東側にヒノキ9.3m、( ゚д゚)、埋標が明治36年、再観測が平成18年、11年も経過すれば状況は変わりますね、(´・ω・`)
他三角点ハンター諸兄のご苦労のおかげで酷い笹薮ブッシュに悩まされることがなかったのは幸いであります、(・∀・)
ダムカードはぼちぼち収集していくしかありませんです、(´ε`;)、今年中の二桁ゲットは不本意ながら既に諦めております、

2017年10月 6日 (金)

宇陀市、大峠トンネル横から大峠、熊ケ岳、三津、竜門岳<その2>

歩行ルートの詳細になります、
20171005_02

10:31、古道の辻地点に到着、正面が竜門岳方面、左方向が宮奥地区方面、右方向が三津地区方面、ここが三津峠と思っておりましたが、( ゚д゚)、?、
Dscn3924

竜門岳方面のルート、一等三角点が設置、登山者が多いためか整備されていてさすがに歩きやすいです、
Dscn3931

10:48、電力線、反射板の鉄塔位置に到着、唯一眺望の良い所、
Dscn3935

金剛山、大和葛城山方面の眺望、画像右側には二上山も、
Dscn3937

10:58、竜門岳、烏の塒屋山、柳方面との分岐地点、白テープに詳細な所要時間が記載されています、記載されているのはたぶん宝来の鈴さんのような、
Dscn3943

Dscn3944

Dscn3945

分岐地点からは急登をひと登り、ひと歩きで竜門岳に、
Dscn3948

11:03、竜門岳頂上に到着、一等三角点が設置されているだけあって山名板等が多数、賑やかです、
Dscn3949

Dscn3951

P904.1、一等三角点、竜門岳、
Dscn3954

11:24、宮奥地区に戻る途中、反射板鉄塔向こうに熊ヶ岳、その右側に三角点、熊ケ岳横の反対側にある反射板が見えます、
Dscn3962

11:35、この地点の手前に関電道の分岐地点があり、そこから発電所に向かえるかと思いましたがどこに降りるのか、どういう状況なのかわからないので自重、この分岐地点は途中で途切れている破線道に向うのかと思い進んで見ます、
Dscn3967

なかなかはっきりした踏後なのですが、
Dscn3969

途中から怪しい状況となり、酷い激↓、どうも左側の尾根に破線道があるような、
Dscn3971

一旦下の沢に降りて隣の尾根に斜面をトラバースするようにして向います、
Dscn3972

当たり前ですがルートでないので歩きにくいです、(;´Д`)
Dscn3973

11:48、なんとか隣の尾根の破線道(もしくは作業道か)に出ます、
Dscn3974

11:50、破線道に出たかと思うとすぐにS字に巻いて下ってその隣の宮奥地区からの古道へ、( ゚д゚)
Dscn3975

近畿自然歩道でもありますのでこれ以降は出発地点に気楽に戻ります、
Dscn3977

途中から林道に入り車道左方向の出発地点へ、直進は元々の古道、宮奥ダム北側を通過して宮奥地区から下奥地区を経由して今のR370、R166(伊勢街道)へのルート、
Dscn3979

12:01、出発地点に戻って山行終了、最後いつもの如く変な所業がありましたが、(´ε`;)
Dscn3981

10/5、10/6と休みが取れましたので龍神温泉or十津川温泉へ温泉一泊山行ツーリングを目論んでおったのですが、またしても天候不良、(´・ω・`)、この先連続して休みが取れるかどうかわからんのですが、二度有ることは三度有る、と申しまして(;´Д`)、今年は無理かなぁ、
地形図を見ますと大峠南側(宇陀市側)にも破線道がありますのでこれが峠越えの古道だと判りますが、こちら側には道標の類が一切なく不思議な感じ、自治体もしくは地権者の意向かもしれません、整備されていないので荒っぽい道です、
帰路でちょいと通常ルートを外れて歩いてみたのですが、作業道、関電道、林道等も多数有りそれらを組み合わせると色々な歩き方ができそうな山域ではあります、(・∀・)

宇陀市、大峠トンネル横から大峠、熊ケ岳、三津、竜門岳<その1>

下記が山行ルートになります。
総距離:8.53km
合計時間:3時間29分45秒
平均速度:3.06km/時
20171005_01

2017/10/5、8:32、宇陀市側の大峠トンネルから進んだ車道の端に駐輪し山行開始、こういう場合バイクは置き場所にあまり困らないので助かります、利点はそれだけなんですが、(´Д`)
Dscn3844

8:34、前方に大峠トンネルの入口が見えますが大峠を経由していた古道から入山、車両の轍があるので現在は作業道として利用されているようです、途中まで舗装されています、
Dscn3847

しばらく進むと分岐地点、古道は直進ですが途中に木に青テープで「→大峠」、自治体設置の案内板は一切ありません、
Dscn3850

造られて相当経過していると思われる砂防ダム、
Dscn3855

しばらく進むと古道が沢化しちゃっている所へ、これもしばらく続きます、ここでも赤テープに大峠の文字、
Dscn3856

この手前杣道に釣られて少しミスルートしましたが、沢と別れてからは倒木、間伐材が多いものの歩きやすいです、
Dscn3861

9:02、大峠に到着、お地蔵様が有ります、前方の桜井方面(針道、八井内、不動滝)、音羽山方面、左側の三津峠、竜門岳方面への案内板(手製)は設置されています、
Dscn3863

音羽山方面に進んで、三角点、熊ケ岳に向います、
Dscn3873

9:11、三角点、熊ケ岳の設置場所に到着、後方は近畿日本鉄道設置の無線電話用反射板、反対側の反射板は竜門岳北側の電力線鉄塔の横に、
Dscn3874

P858.8、四等三角点、熊ケ岳、
Dscn3875

サークルK氏の三角点名板、Ⅳの字が入った板は初めて見ます、(・∀・)
Dscn3878

大峠に戻り細峠方面に向います、
Dscn3885

9:40、P803地点に到着、太い赤テープで「大峠→」のある所、
Dscn3891

9:42、細峠、竜在峠と竜門岳方面との分岐地点、左方向が大峠、右方向が竜門岳、画像後方が細峠方面、細峠方面への案内板が見当たりませんが行方不明なのかも、ここは桜井市、吉野町、宇陀市の三自治体の境界地点、
Dscn3892

細峠方面へ三角点、三津に向います、
Dscn3894

9:53、P789.5、四等三角点、三津の設置場所に到着、左方向が細峠方面へのルートですが、右側にもはっきりとしたルートが、鹿路地区に向う破線道に通じているのか、単なる杣道かもしれませんが、
Dscn3899

分岐地点に戻って三津峠へ、熊笹が出張っている所が目立ちます、
Dscn3905

ルートミスした所、三津峠は正面方向ですが右方向にそれ以上にはっきりとした踏後、釣られて進むものの何か違うとGPSを見ると、(ノ∀`)
Dscn3907

10:17、赤テープを追っていくのが本来のルートですが、右方向の黄色テープに「←三津峠、やや危険なトラバース道」と記載、
Dscn3911

せっかくなのでトラバース道を進みますが、危険というより笹が出張っている所も有り歩きにくいです、
Dscn3915

南側のトラバース道との分岐地点、南側からは古い案内板はトラバース道(左側)を指しています、
Dscn3920

10:30、三津峠に到着、山岳会の設置した案内板があります、三津峠ってこの先の、このルートと宮奥地区と三津地区を結ぶ古道との辻地点が三津峠と思っておりましたが、( ゚д゚)、あまり峠っぽい印象はないです、
Dscn3922

Dscn3923

その2に続きます。

«住之江区、大正区の三角点探訪(120)、+昭和山